リセオープンレポート FGO環境の総括

  • 2017/05/17(水) 00:56:26

俺だ。
皆の者、ブログの更新を止めていたこと誠に申し訳ない。

何を隠そう、私はこれからの人生について悩み悩んでいた。
今の仕事を続けて行くか、それとも事業を立ち上げ労働者から搾取する人生に身を投じるか、
そういった人生のターニングポイントに私は立っていたのだ。

悩みに悩み抜いた私はまだ悩み続けている。
少しばかり経緯の話をしようか。
地球に来て随分経ち、
リセ星にいた頃の王族としての暮らしからかけ離れた生活基準を余儀なくされている。
最初はそれが苦痛であったが、次第に私の考え方は変わっていった。

地球での生活は私にとって不便であり、
それがストレスであったが、新しいことへの挑戦でもあった。
新しいことへの挑戦というのは人生の中でそう何度もあることではない。
ましてや、住んでいる星を変えた人はそうはいないと思う。

環境が変わることによって、人は変わって行く。
自分自身の変化に気づき、それを楽しむ心の余裕が生まれて来たのだ。
私の身の回りの環境は徐々に便利になり、便利になる度に喜びを感じていた。
ただし、今度はその便利なことは次第に『当たり前』になってしまった。

『当たり前』になったら喜びがなくなっていった。
『当たり前』になったらそれ以上便利にしようと思わなくなった。
『当たり前』は私を、私の人生をつまらなくしたんだ。

生きるということは、不便と当たり前の連続なんだと思う。
これからの人生で、色んな人が様々なことを不便に感じ、便利化され、当たり前になって行く。
そういった中で、便利になって行く際の喜びを感じることはとても素敵なことなんだと思った。
人にとって本当に大切なものは、便利になった後の状態ではなく、便利になって行くことの過程にあった。
だから、挑戦は非常に魅力的で、私は常に挑戦をし続けたいと考えている。
冒頭で述べた仕事の話も、私の挑戦の1つに他ならない。

私はこのつまらない人生に対して、一石を投じた。

そう、次の挑戦は

パチンコだった。


4月29日 牙狼ミドルタイプ(通称ゴミ)
父親と一緒にパチンコに行った。
ネットでの評価は最悪。
文句なしのクソ台だった。

全く知りもしない私は無邪気に打ち続けるとそこそこ当たり、収支+23000を得て味を占めた。

5月4日 真 北斗無双(通称妥協点)
昔のパチンコを知ってる人なら今のパチンコ自体打ちたくないけど打つならコレというスペックの台。
19時から無性に麻雀がしたくなった私は面子が4人集まる前に静岡の友人に東京に来るように指示した。
快く受けてくれた静岡の友人が家族との夕食を遮り、丸3時間かけて東京に向かったところ、私は暇だったのでパチンコに身を投じた。

『あと30分で着くよ。』
ラインのメッセージがきた瞬間にリィィィィィチ‼︎‼︎
一生待っとけと思いながらの初当たり。
次の日朝から予定があり、午後から仕事がある奴も無理やり誘い、
30分後に全員が私の後ろに立っていた。

だが、連荘は終わらなかった。
背後からは舌打ち、罵詈雑言の応酬。

チュインチュイインチュイン!!!プチュン。。。
真っ暗になる画面に映る面子の笑顔。

ウィィィンバアアーーーーーン!!777!!!!
真っ暗になる画面に映る面子の怒り。

結果、全員が集まってから30分以上棒立ちさせ、
『これからお前らからも毟るから』と面子を鼓舞させ麻雀に向かった。
パチンコ+25500
麻雀ー16000


その後、3度ホールへ向かい、一度負けたにしろトータルで+13000となった。
私は思った。
あれ?これ楽しいわ勝てるわで最高な遊戯なのでは???

そしてあの日は訪れた。

リセオープン前日
5月13日 北斗の拳7転生(通称劣化北斗無双)
これまでうまい汁を吸い続けたモンスターとなった私は、
リセオープンの前にがっつり負けたかった。
私の本業はリセであり、パチンコではない。
脱パチンコと、次の日のリセオープンへの願掛けも込めて、
がっつり負けるつもりでパチンコに向かった。

午前中で30000負けた。
は?
いや、ほんとに負けるなよ。
負けたいって思っていったら勝てるもんだろ普通、ほんとに負けてどうするんだ阿保か。
負けて帰るなど愚の骨頂。
私は午後から北斗無双で今までの自分の殻を破りに行った。

午後で35000負けた。
解散。

リセオープン当日
5月14日 リセオープン(通称ゲオルギウスが公式大会で使われる最後の日)
前日に65000負けた私のリセパワーは圧倒的であった。
私よりパチンコに負けた者でなければ私の力は手に負えない、
そんなレベルの圧倒的な実力差を皆の者も感じていたと思う。
その証拠に、会場では様々なものからお声をかけていただいた。

『65000負けたってまじすか?ヒエッ』
『リセ王パチンカスに成り下がってんじゃねーの』
『65000負けたら何が買えたなーとか思わない?私は昨日50000勝ったから思わない。』
『打ってる時点でお前の負けな。』
『お前、ほんとに辞めろよ。。。俺、お前がパチンコに堕ちていくの見たくねぇよ。俺お前のことが好きなんだよ。』

そんな中で開始されたリセオープンでは、
私よりも圧倒的な課金力でウン百万はパチンコに溶かしているであろう者たちに処されてしまった。
正直うぬぼれていた。
私ほど悲惨な奴はそうはいないだろうと思っていた。
参った。

私は反省し、リセオープンの抜け出し、パチンコを打つことにした。

5月14日 北斗の拳7 転生(通称金を捨てるドブ)
25000負けた。





パチンコ引退します。

以上。






















スポンサーサイト

岡山フェスタ無敗レポート

  • 2017/04/25(火) 18:32:00

春の暖かさを感じるぞ。
岡山フェスタ無敗のmisakieだ。

岡山フェスタの結果見せてもらった。

なんだこの体たらくは。
月単が上位に食い込んでないじゃないか。
だらし無い。日単と宙単を使用した者共は何故月単を使わなかったのかを反省したまえ。

それはそうと、
岡山フェスタの結果は1位が1敗しているようで、
実質岡山フェスタ無敗の私が優勝したのでは無いかと予見している。

この予想が事実か確認する為、
私の4/23日の1日のスケジュールをここに記す。


リセ星人の圧倒的な社会的地位による
誰もが憧れる休日の過ごし方

4/23

・0時

出勤。
なんだこれ。
なんでフェスタ当日の0時に出勤してるんだクソか。

・6時

帰宅。

・12時

起床。

掃除
洗濯
風呂
散髪
食事

・19時

大会参加 三名
使用デッキ月単

1戦目 日単
最終盤面で受け方を間違えたが、
相手の詰め札が無く辛勝。
ここでも、デッキの強さ、岡山に参加してたらどのような結果が出ていてたが予想できるポテンシャルを発揮していた。

2戦目 日単
負けたけど、これは岡山とは関係ない試合なので関係はない。

・20時

明日からの仕事で何をすべきか情報整理。
たこ焼きとラーメンと唐揚げを食す。

・22時

スカリセ。
花単とフリーを行い、
4-2の戦績を残した。

・24時

就寝





おわかりだろうか?
この通り、岡山では無敗なのである。

優勝

最強のデッキ『月単』

  • 2017/04/22(土) 21:22:47

産み出してしまった。
日、宙、花、雪

それぞれが切磋琢磨し、結果を残し、
同じだけ積み重ねた経験値の元、
強化された筈なのに、
何故?
どうして、月だけがこれだけ強化されたのか。



私が居るからだ。

月単 リセパワー6
大会戦績9勝1敗

EX1 × 15
4 高速神言 キャスター/メディア
4 クランの猟犬 ランサー/クー・フーリン〔プロトタイプ〕
4 オリオン
3 ディルムッド

EX2 × 45
4 ジャンヌ・ダルク
4 ジル・ド・レェ
4 ウィリアム・シェイクスピア
4 ロビンフッド
4 カリギュラ
4 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
4 ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス
4 キャスター/メディア〔リリィ〕
4 カルデア制服
4 小次郎
3 ゲオルギウス
2 クーフーリン

岡山はお前が滅ぼせ
月の繁栄に喝采を
期待している

以上

私に相応しい場所、その名は『大宮』

  • 2017/04/18(火) 00:16:27

最近、大宮という場所でリセをしている。
大宮、悪く無い響きだろう。
私もそう思う。


大会の後、何度か見かけたリセラーに声をかけて頂いた。

『王、月単の使い方をご指導ください。』



私はこう答えた。










「いいぞ〜」



ちょうど私の相手に相応しい、東京フェスタで優勝したらじあん君がいた。

彼は先週私を何度もボコボコにし、ほくそ笑んでいた。

許せん。ショックで一週間ブログが書けなくなった恨みをここで晴らす。



結果。


全104戦中



102勝2敗


完全に勝ち越した。

1時間で100戦以上リセをしたことがなかったため、
さすがに疲弊した。

見ていた者は

『王ッ‼王ッ‼王ッ‼王ッ‼ 』
と、興奮と喝采が鳴り止まなかった。


その後、教えを請う者と入れ替わり、
栃木のサンドバッグことレイチェの宙単を相手にプレイングの指南を行なった。

数々の大いなる助言を行ったところ、
隣で月単を回していたらじあん君は
『ブログでそういうこと書いてくれよ。
わかめスープの作り方とかどうでもいいよ。』
と苦情を訴えながら宙単に負けていた。



私が伝えたプレイングは以下の3つ

①殴ると見せかけて受けろ

②列単位で使用しているハンド枚数に拘れ

③必殺 ドレイク吸収


今日は『①』をみんなに伝えようと思う。

リセ星人の人知を超えたリセ講座第68回『殴ると見せかけて受けると見せかけて殴ると見せかけて殴るのであれば受けて殴り受けて殴り申す』

相手の盤面がこんな感じ

IMG_2423.jpg

多くの者はここで、
『ここはレオニダスを止めるダス』
とか言い始める訳だ。
カー!それじゃダメなんだよなーーー。
このブログを読んで無い証拠証拠

正解はこうだ。

IMG_2424.jpg

説明しよう。
まずは、何故受ける動きが有効で無いかを説明する。
結論から言うと、相手の手札に依存した受けになっているからだ。
レオニダスを受ける動き(ウィリアムシェイクスピアとメディアリリィ)に対して、
相手は5枚の手札の中から有効なカードを選択し、我々の展開を迎え撃つ事ができる。
SP2を追加する。
ファンテムメイデンを打つ。
アタッカーを追加する等、相手からしてみれば選択肢の宝庫となっている。
ハンド5枚もあればいずれかを実現する事は容易であり、ここでの受けは悪手となる。

対して正解の動きを見てみよう。
打点は一度6点貰うことになるが、
相討ち用のキャラを配置しない場合は7点ダメージが入り、打点レースで優勢となる。

相打ち用のキャラを配置する場合は、
キャスターメディアを止めるには3ハンド、クーフーリンを止めるためには2ハンド必要となり、
極端な話、両方受ける為には5ハンドを要する。


IMG_2425.jpg

ここで受けるのだ。


IMG_2427.jpg



んは❤︎
レオニダスを止めたことにより打点レースは同じになり、
かつ相手が次のターンからファンテムメイデンやSPを追加しても通らない盤面に変わっているのが分かるだろう。

これは、一旦殴るぞ!と圧力をかけることにより、
相手のDFにハンドを使わせ、
お互いのバトルキャラへのSPに差をつけるプレイングである。
このように、単に受けるのではなく、
最終的に自分の有利な盤面を構築する上で、必要なプロセスを考察し、実践する。

これが月単プレイヤーに必須の技術なのである。

このような考え方の根底には、
『自分の手札、デッキで出来る事を考える。』
だけではなく、
『相手が出来ることを事前に検討しておく』
という努力が必要となる。

このような努力の積み重ねがプレイヤーとしての分厚さ。
つまり、
リセパワーに繋がるのだ。

以上。

鉛筆杯優勝レポート

  • 2017/04/16(日) 22:56:34

勝利‼︎勝利ッ‼︎勝利ィィィィィィイ‼︎‼︎

優勝したぞお前ら!!!
初めて優勝した!やったぞ!!

負けすぎて萎えて一週間ブログが書けなくなったが書けるぞ書けるぞォォォ!!!





対戦レポート

1戦目 宙単 アズラエル

アズラエルっぽいことされて勝ち

2戦目 日単 げんごろー

金時SRネロに対する私の返しが強くて勝ち

3戦目 宙単 ほっしー

宙単は得意なので勝ち

4戦目 日単 づーやん

じゃんけん勝ちからごり押して勝ち。

1戦目と3戦目と4戦目は動画卓だったので、
えんぴつが投稿した動画を鬼のように見つめるといい。

今回の勝利は圧倒的な構築力に有る。
カルデアス、令呪は0。この王に小細工等不必要なのだ。

レシピの詳細はえんぴつのブログを見るといい。
そのうち掲載される筈だ。

夢語りの里
https://blogs.yahoo.co.jp/dream_teller_silius


マジでうれしい。

以上。