FC2ブログ

2018年12月8日~9日 東京フェスタ~GPfinalレポート

  • 2018/12/09(日) 22:42:08

久しぶりだな。
misakieだ。

この二日間の激闘をここに記そうと思う。

■12月8日 東京フェスタ編

・前日

[GPFINAL対策本部]
構成員
緋色
えんぴつ
misakie


え『GPFINALに月単の使用者は少ない。
  前日のフェスタではミラーを意識していく必要がある。
  ミラーを意識してファイナルの布石になるカードを積もう。』

私『意義あり!』

え『え?じゃあいいです。』

私『え?いやだから、意義あり!』

え『え?』

緋『僕なんでここに呼ばれたんですか(花単脳)』


~意義あり入り輪廻の調整が始まる。~


え『みじんも強くない。』

私『確かに。でもさ』

え『ん?』

私『みじんも強くないことを知っているのは君と私だけ。
  周りの人たちはゴミ箱の意義ありの枚数を気にしてビビり漏らすぞ。』

え『なるほど、じゃあ異議ありで。』

私『え?じゃあいいです。』

え『え?』

緋『僕なんでここに呼ばれたんですか(花単脳)』



・当日
緋色   6-1
えんぴつ 5-2
misakie  6-1

壇上コメント
私『GPFinalは私が優勝する。』



私『中々の結果だったのではないだろうか。』

え『では、ファイナル向けの前座は終わり。
 ファイナル向けのカードの話をしよう。』

私『ファイナルでは、おそらく輪廻ミラーを何回か行うだろう。
 勝ち続けるには熊耳君が必要だ。』

え『ほう?どういうことだ?』

私『我々以外の輪廻はミラー対策にシンシアを積む。
 輪廻ミラーはAF3体でのゲームになることが予想されるため、
 シンシア対面にAP3を配置すると攻撃が止まるのだ。』

え『なるほどね。しかも輪廻自体にも強い能力であると。』

私『その通り。』

え『採用!』

緋『僕なんでここに呼ばれたんですか(花単脳)』



■12月9日 GPFINAL編

・10時半
~家族ラインにて~
私『王族の誇りにかけて
  地球人類に格の違いを魅せてくる。』

父『ん。』

母『ふぁいと!
  やればできる子です!』

私『ありがとう。根絶やしにしてくる。』

・11時半
~家族ラインにて~
私『負けまちた。』

妹『ごみくず。
  1時間前に言ってたこと思い出せ。』

父『負けるの早。
  後で反省文書け。』

母『お疲れ様です。
  王冠。コラ画像かと思ってたんだけど、本当にかぶってたのね。。。
  椿山荘で、、、』

私『認めろ、貴様の息子の所業を。』


~現実世界にて~
私『1回戦負けまちた。』

え『1回戦負けまちた。』

緋『1回戦負けまちた。』

3敗で惨敗だチェケチェケ
そして我々は、いくら頑張っても名人にはなれないその後の人生を歩んでいった。。。

優勝したガルルゥ君、本当におめでとう。
深い関りは無かったが、各地のフェスタなどで同じ場所にいたこと。
ハーデスで2万枚オーバー出したことでその名を存じていた。
神姫宙単の使い手として認識していたが、今回打って変わって輪廻を使用。
その判断は正しいとしか言いようがない。
このリセ王と同じデッキを選択したのだからな。

改めて、おめでとう。


以上。

スポンサーサイト

2018年11月11日リセオープン

  • 2018/11/12(月) 21:54:50

ブンブン!ハローFC2
どーもーmisakieンです。

今回はmisakieンと愉快な仲間たちとのチーム戦のレポートをさせていただく。


▪️チーム名を決めるまで
おっと、ここで今回の仲間のご紹介をさせて頂こう。

栃木のイカしたエモいトップランキングラッパー!
れいちぇ!!!!
奴の奏でる熱いビートは俺たちの心を10代に戻し、震え上げさせるぜ!
チームの中では主にラップ担当。
基本的にテンションブチ上げの曲を披露するが、たまにRADなどを歌い、税金に対する切なさを魅せてくれる。。。
栃木県で路上ライブをしているところ、
唯一の観客の私と意気投合、
彼の音楽センスを見込み、隊員の座を託した。

多彩な声を放ち最強の音域を持つビギナーリセラー!!!
漆ン!!!
彼女は歌に合わせて声のトーンを変え、女性曲はもちろん男性曲を歌い切る。
チームの中ではギターボーカル担当。
好きな物は雪単。
苦手な物はラッパー。
彼女の多彩な技を見込み、隊長の座を託した。


れ『チーム名どうするか。』

私『私にいい考えがある。』

漆『何ちゃらプラネットとか言ったら、私抜けるからね。本当にあれは嫌です。』

私『KingdomOfLyceePlanet, feat urushi』

Line『漆さんが退会しました。』

私&れ『えっまじ?』


〜数分後〜


Line『漆さんを招待しました。』

漆『なんですか。』

私『我が王国へようこそ。』

れ『微塵も反省してなくて草。』

▪️使用デッキ
大将 漆 雪単
副将 私 日花
隊員 れ 月単

▪️試合内容
周りの試合はよく分からんので私の試合のみ

一回戦 雪単
よく知る雪単マイスターとの勝負、
雪単に圧倒的な勝率、自信を持っていたこの私は大将戦の相手が初代リセ名人であることも相まって、
この勝負が隊員戦の結果に左右される可能性が高いと踏んだ。
チームメイトのれいちぇにこう囁いた。

私『れいちぇ、この勝負、君の勝敗に全てがかかっている。私は必ず勝つ。チームの命運は君に任せたぞ。』

れいちぇはその言葉を聞き、覚悟を決め
本気の目で勝負に挑んだ。

れいちぇは相手の月単とミラー戦。
終始自分のペースを保ち、自分のゲームに持ち込む姿、其れはさながら月単の貴公子。
その姿に私すらも見惚れてしまった。
圧倒的。その強さを見せつけてくれた。


私『あ、無理っす負けました。』

れ『・・・』

私『レレレレレれいちぇごめん、、、ね?』

れ『・・・』

〜25分前〜

私『れいちぇ、この勝負、君の勝敗に全てがかかっている。私は必ず勝つ。チームの命運は君に任せたぞ。』

〜25分後〜

私『レレレレレれいちぇごめん、、、ね?』



しばらく目が合いませんでした。


二回戦 ふせんまさる
まさる君との勝負に圧勝。
開始0秒で勝利し、最高の気分に浸る。
私もチームに貢献することができて非常にやり甲斐を感じていた。

三回戦 宙単
宙単はヤバイ。
全く練習してない上に日花の師匠が不利って言ってた。。。
うがががが何されるんだー!!!

相手『左DFジャンヌオルタ登場。。。エンド。』

私『ッシャオラァ!見たかぁ!!!デスカッツォ!!!』

そのまま勝利。

相手『ううう、リセさわれないからキングダムリセプラネットっていうブログ見て環境分かってた気になってた。。。負けタァ。。。』

私『え、あぁそれは正しいよ?』


隣では死んだ魚の目をした大将と、
強豪相手にめちゃくちゃギリギリの勝負をし、不利マッチングをなんとか乗り越えた月単の貴公子が居た。
勝った時点で盤面アンデルセンのみ、ハンド0で草生えた。かっこよすぎ。


四回戦 宙単
宙単はやばいってぇーーー
沙耶、健吾、姉御を出され
リトルバスターズじゃねぇか。って突っ込み入れた頃には敗北。


五回戦 花単
じゃんけんに勝ち、事前に決めた想定通りの勝負に持ち込んだ。
花単相手は6面埋めた後に、センターAFだけ殴り残りのAFでエリナの能力をいうプラン。
または、秋山で無理やり毎ターン4点ずつ殴りきるプランで勝ちきる想定。
今回は前者のプランから後者のプラン切り替える最高の動きで勝負することができ、毎ターンの打点レースを制した。
チームとしても勝利。


六回戦 輪廻
スリーブ詐欺常習犯。
ここんとこの大会で毎回対戦するプレイヤー。
初手デスカットからのしろはエンドされる。
はーん?雪単ねとアグレッシブすると見える輪廻。輪廻かよ。。。
日花VS輪廻って不利マッチングじゃねぇか。。。
まぁ、それは
『対戦相手が俺じゃない時に限るがな。』

リセットカードを何年使ってきたと思ってる。
いくらでも弱点なんて知ってラァ‼︎!

常に輪廻された時の盤面とされなかった時の盤面、リソース数、デッキ枚数を計算し、いつでも不利にならないように盤面を構築。
一見殴れない箇所も輪廻側から殴られたくない箇所を殴り、ほら嫌だろ?悲鳴を聞かせてくれよぉ?と仲良くほんわか対戦させて頂いた。

そして、勝利。
また、大きな舞台で戦いましょう。
命を、賭けて。

■総評
個人4-2でチーム3-3
結果として、志していた目標には届かなかったが、
試合内容として様々な収穫があった良いチーム戦であったと考えている。
私個人としても、対戦よろしくお願いします!対戦ありがとうございました!と声をかけて
シカトされるというとても貴重な経験をさせて頂き草生えた。ぶちのめすぞクソガキが。
チームメイトの漆マンは上達せねばと野心を掲げ、
れいちぇは記憶に残る一戦を繰り広げ、とても有意義なチーム戦であった。
この度はチームを組んでくれた二方には感謝を申し上げる。
組んでから戦って終わりまで、終始楽しかったぜ!

以上。

名古屋フェスタレポート 謝罪編

  • 2018/10/28(日) 19:42:31

本当に申し訳ありませんでした。


▪️経緯
時はオーガスト1.0時代。
あるところに、カーマを4投しないとキレる男、カーマ警察ことちびんりこととりちゃまがおった。
彼はワシにこう説いた。

鳥『カーマ積んでない月単は月単では有りません。カーマを積みなさい。』

ワシは彼にこう説いた。

ワシ『積むわけねぇだろボケが。』

穏便済むかと思いきや、
鳥は激怒し、摘発摘発叫び始めた。
そこでワシはこう続けた。

ワシ『そんなに言うんじゃぁよぉ〜
貴様との直接対決に負けたらよぉ〜
謝罪文書いてやるぜぇ‼︎‼︎』

ちなみにガスト環境の私の月単にはカーマが四投されていた。

▪️使用デッキ
最強のデッキ
ぶっちゃけ強すぎて引く
月単以外の現行デッキに対する勝率8割越え
月単には3割
最強の初手は奏友利


▪️対戦結果

一回戦 BC自由学園
じゃんけん負けスタートだが、
相手の初手が2ハンド二体、内1枚Uマリーと弱めの初手。
初手にカケラ寧々を出し、以降千莉のぞみや相手のRマリーをハンドソニックしつつ有利なハンド交換を繰り返し、輪廻にはアクセスできなかったもののハンド差つけてゴリ押し。
勝ち


二回戦 宙単
先行カケラ寧々エンド。
返し槍トリア。
返しカケラから奏。
返し4点食らう。
返しカケラからハンドソニック。
ハンドソニック輪廻あゆからあゆサーチあゆからあゆサーチあゆからあゆサーチ
おわり。


三回戦 日単タッチ月
後手。
ソル華エンド。
寧々友利エンド。
返し3点からカルパッチョエンド。
返しカケラからあゆ出して4点エンド。
返し7点殴ってエンド。
返し4点殴ってカケラ裸寧々出してエンド。
返し相手ハンド溢れて押田出してヘルモーズで殴ってエンド。
返しあゆ自戒から輪廻で流して奏出してハンドソニック回収してエンド。
この時点でハンド差3枚近く付いてたため、出てきたキャラを等価交換してゲームクローズ。


四回戦 鳥

負け。
鳥『謝罪文提出しろ。』


五回戦 輪廻
私と同じタイプのスタンド。
我が輪廻の世界(ザ・ワールド)へと到達している者。
彼の輪廻は構築論が異なり、
シンシアが入っている時点で不利マッチではあった。
かつ、四回戦の敗戦による精神的ダメージにより、私のリセパワーは最早ミジンコの域に達していた。
ギリギリな勝負になり、1ハンド1ダメージでもズレていれば負けている勝負を持ち前の明るさでなんとか切り抜け勝利を刻む。


六回戦 花単
じゃんけん勝ち寧々エンド。
返し、朝霧と佐奈出してエンド。
返しカケラから奏出してハンドソニック回収してハンドソニックコストから千莉出して千莉のコストからのぞみ出すっていう異次元ムーブで佐奈が死ぬ。
返し朝霧とのぞみが相打ちして、角谷と伏見で3点殴られる。
返し2点パンチ、カケラから千莉を角谷に合わせてAFにしろは、リースを伏見に合わせる。
返し伏見突っ込んで相打ちし、桃とクドリャフカと追加。
返し6点。
返しクドで3点、ブレエリ追加。
返し4点、ブレエリ前に裸寧々。
返しブレエリの下に上坂出してパンチ6点。裸寧々はブレエリの前からクドの前に移動。
返し、気は満ちたため、裸寧々横に移動してしろはコストに輪廻。友利出して飛ぶ。
返しクド追加エンド。
そこからは当ハンド交換を繰り返して、輪廻時に稼いだハンドアド分を友利の打点で還元し勝ち。


5-1。
正直、輪廻を優勝させてあげたかった。
不甲斐ない。
三回戦終わった時点で、このデッキに有利つくデッキが軒並みいなくなり、鳥以外ならええと。鳥以外とやらせてくれと願った結果、一度決まったマッチングから再マッチングになり隣にいた鳥は対面に移動した。
対戦内容もレポートに記した通り悪くない展開だったのにもかかわらず、相手の最終ターン『たけのこたけのこだけのコォォォンポォォ!!』とか言われ外部から9点飛んできて死。

優勝したかった。どうしようもなく。
この悔しさはやがて、私にとって大きな力となるだろう。
VA環境は始まったばかりだ。
GPfinalまで楽しませてもらう。

そして、最後に、
この名古屋フェスタまで調整してくれた皆有難う。
デッキの内容バラさないでねって各々に言ったけど
ダダ漏れで草生えました。

▪️当日会場前
私『あれ、クロネコさんじゃないっすか、今日は何使うんすか?』

クロネコ『お前は輪廻だろ?』

私『は?』

クロネコ『(月のパーツと枚数を呪文のように唱える)』

私『あいつらほんまカス』

以上。

2018年10月20日横浜フェスタレポ

  • 2018/10/21(日) 16:44:46

皆の者、久しぶりだな。
misakieだ。
本日は私が参加してきた横浜フェスタのレポを書こうと思う。

▪️大会概要
参加者 数万人
全4回戦

▪️試合への意気込み
前回は大会でマークシートを記入するためのシャープペンシルを購入することを忘れ、
試合中にコンビニに向かうという致命的なプレイミスを行なった挙句、会場内のコンビニが休日休みで買えないという末路を辿った。
結果、2回戦でドロップし、帰路に着いた。
それを経験し、計り知れないほど成長した私は予めカバンの中にシャープペンシルを配置することに成功。
私の準備にはかけらも隙はない。

筈だった・・・






昼飯買い忘れた。

私『この会場内、コンビニありますか?』

ジャッジ『無いよ。今から1番近いところまで行くと試合間に合わないよ。』

▪️試合内容

・一回戦 不戦勝
前回、一回戦を通り抜けた私は2年間の間一回戦不戦勝の権利が与えられている。
私はツイッターで友人達が上野というよくわからない場所に集まっているのを不思議に眺めていた。

・二回戦
ついに試合が始まった。
意気揚々と試合開始の合図を待つ。
iPhoneの電源を切り、手持ちのカードを再確認する。
鞄は足元、もう引き戻せない。
俺はこのカードで試合を制する。

ジャッジ『試合時間は40分です。皆様お手元の時計で確認ください。』

私『ハッ⁉︎⁈』

なぬぁ!馬鹿な⁉︎



時計が無い、、、だと?
ヌグワァ!これでは一問何分で解いているか状況がわからないでは無いか!

仕方がない。
気持ち早めに解いて、早めに寝る時間を確保することで結果的に間に合ってる作戦をとるとしよう。。。

ジャッジ『では、試合を開始してください。』


カキカキカキカキ・・・

あ、マークシート間違えた。
消しゴム消しゴム。

ん?



オベバァ⁉︎
消しゴムが無い!
これではマークを書き直せ無いではないか!
仕方ない、、、
なるべくマークミスはしないように意識し、
ミスったらシャープペンシルのケツの消しゴムで消そう。。。



うん……
黒ずんでるな。


あ、そもそもマーク一問ずつズレてるやん。
死。


・昼休み
もう帰りたい。

・三回戦
普通に難しい。
というか、この試合向けの調整は何一つ行なっていないため、完全にメタ外。
M主任とJ担当がプロ意識でイキってる中、間違いを指摘する立場を取るが、儚くともイキりポイントが分からず、彼らの会話についていけない。
こいつらの会話にどんな意図があるかと問われたが、本心である『さぁ?』という私の気持ちを正直に書いて事なきを得た。

・四回戦
ついに最終戦。
最終戦まで残れたのはいつ以来だろうか、
試合時間は2時間。
体内時計で2時間をセットし、いざ出陣する。

カキカキカキカキ

カキカキカキカキ

カキカッ…ガッ…


嘘だろ。
こんな時に、、、


ぐぅぅゔ……



お腹減ってしまった。

脳が考えることを拒否している。
全く同じ文章を3回読んでようやく気付いた。。。
もう無理だ、圧倒的にカロリー不足。
二回戦と三回戦で勝ってるかどうかも分からない状態で、
ここまで残ってたこと自体奇跡に近いのに、
その上空腹。。。
だめだ。
一縷の望みに掛けて、頼むしか無い。


私『ジャッジーーー!!!』

ジャッジ『はい。』

私『余は空腹じゃ、馳走を用意せい。』

ジャッジ『帰れ。』


四回戦結果 途中帰宅



はっきり言って今回の結果は悪かったと思う。
何がだめだったのか、
それはまだ分からないが、
私の最後まで諦めなかった黄金のような精神力を皆も見習ってほしい。
根性論は古いという者もいるであろう。
しかしな、仮に結果が伴わなくても、
他者より日々努力するという一点において、
その根本が根性だろうと理論だろうと、
とても大切なことなのだ。

危機感の無いものに成長は無い。
昨日より一歩成長した自分になり、
研鑽を続け、人に優しくなれ。

以上

2018年9月30日東京フェスタレポート

  • 2018/10/01(月) 09:07:42

正直、驚きが隠せない。
君たちにはわかるか、この悲しみが。
そう私は君のよく知るmisakieだ。
あぁ、なんて悲しいんだ。

各地でちょくちょくその名を轟かせていた通称輪廻デッキ
数々の先駆者達の発想を基に、それを今回この環境に適した形で考案した。

■輪廻転生デッキ
https://lycee-tcg.com/d/?d=X8vnZo

味のある要素は『神姫との出会い』だ。
4コスの島田を出し、43スペックで相手キャラを一方ダウンした後に
能力でゴミ箱回収すれば2ハンド除去。
常陸 茉子で相手キャラを突然一方ダウンさせれば打点が急激に通らなくなる。
そもそも、輪廻を警戒する動きとして、
相手は盤面にSPを用意するなどの余計なキャラを盤面に割くことができないため、
神姫との出会いによる一方ダウンはとても狙いやすくなっている。

初手は輪廻時に1ハンド以下のキャラを登場させる、
カケラ寧々or裸寧々orリースフィアッカor4コス島田でゲームを進めようとする。
なんもないときに仕方なく島田千代を出す。

この構築論により、まず低スペックビートダウンの花と日には有利。
自キャラがすべて自戒能力持ちなのもあり除去色の雪には有利。
宙相手は西住みほにアタッカー止められて2点だけ受け続ける状況を回避できればそこまで不利にはならないが、
かなり高度なプレイング技術が必要となる。
頻繁に4点パンチャーをリースの能力で防ぎ切り、
ドロソ寧々で殴るゲームを作って、打点レースを同じにして、相手が追加キャラを出さないといけないようにするのが効果的だ。


これらを踏まえた上で前日からの動きを振り返ろう。

■前日
寿司TグループLINE『明日、寿司Tでいいんだよね?裏切者は居ないよね?』

???
なんだ寿司Tって
俺はよくわからずとりあえず寝ることにした。

■当日
台風。
数々のフェスタ延期を懇願する声があがりながらも、なぜか綾瀬に集結する者達。

そして、私の眼前には寿司Tがあった。
これか、、、
S__107552788.jpg

今日をきっかけに雑巾にすることを胸に誓い、私は恥を忍んで装着した。


10:00
新規リセラーの漆さんとパン屋で合流、
漆さん『え、服ダサ。。。』



■試合

1回戦 雪単
寧々を登場し、心のかけらを拾い集め、輪廻転生したのじゃ。
完全に雪単だと思わせてだまし討ちしたゲーム。

2回戦 花単
あらかた予想通りに輪廻の圧を与えつつ、
突如神姫との出会いから登場した茉子が相手のAFを蹂躙し、
かなり有利な盤面を作ったのじゃが、
あと10分です!というアナウンスが私を焦らせ、
もう時間無いから輪廻でいいや!ぽーい!って打ったら普通に負けた。
有利盤面で輪廻打つな。
反省しろ。

3回戦 月雪輪廻
リーダー居ますと言われ、マーリンが公開。
参加賞島田を出され、マーリン処刑からの酒呑童子に変わり登場。は?
同コストキャラは酒呑童子を前にむなしく打点負けをし、
出会い4コス島田でぶっ飛ばしてやるっていうプランが最適なのだが、
初手何気なく私は4コス島田場に出してやがったのだ。
私のデッキにこいつ以外にAP4のキャラは居ない。
酒呑童子は無敵な女となり、私の努力をあざ笑った。


私のこの環境への努力、画策は悲しくも『無』に還ったのだ。。。

福岡では、私のこの無念を晴らしてくれる者が現れると信じ、
採用しようとして考えたが初見殺し前提で辞めたカードたちを紹介して本レポートを締めくくる。

・サタン
LO-0743.png

神姫からの出会いからの一方ダウンを前提としたときに、
翁効率で2体除去が可能となる優れもの。
AP4キャラが島田のみとバレてしまうと心もとないため、
AP4キャラとしての採用としては一番選択肢に上がると認識している。
43スペックは対日と雪に対して有効であるが、
現状両デッキともにかなり有利であるため、今回は非採用となった。

・ディアボロス
LO-0744.png

宙の長光に対する回答。
43島田や23フィアッカで攻撃するパターンが多いため、採用を考えていたが、
4ハンドアクションとしては今一であり、ご褒美という裏目も存在することから、
普通にSP突破する動きをとったほうが無難だと考えた。
ただし、AFに上がれる雪キャラの高スペックキャラとしても運用はできるため、
常に候補に挙がるキャラだとは認識している。
出会いからバトル中に出すことができるため、
攻撃する際に相手にブロックさせてから一方ダウンを狙う動きはかなりテンポが取れる動きとなる。

・風魔手裏剣
LO-0134-A.png

引いて無くても神姫からの出会いで2点バーンができるようになる。
積んでもよいけど、初手雪2コスor大学選抜のアシストがほしいところに
こいつを引くと発狂するので抜いた。
輪廻で2ハンドキャラは重過ぎる。
気にしてる宙単に対して本人が攻撃宣言できない(茉子や長光、西住がいるため)のが終わってる。

・メルト
LO-0904.png

フィアッカ、神姫との出会い、シンシア辺りで継続的な回復が見こめるキャラ。
カケラ寧々とも相性がよく、カケラを回復する意味でも、
終盤フィアッカを回復した後にデッキをシャッフルする意味でもかなりテクニカルなキャラ。
SP3候補としても採用を考えていたが、今回はアシストなしの月キャラを採用することに違和感を覚え非採用。
終盤デッキの枚数が足りずに負けるケースが多いため、
リカバリプランとして正直積んでよかった。


・アルトリア・ペンドラゴン
LO-0009A.png

お銀一方で殺せます。
宙コス多過のため、採用は見送ったが、
ご褒美の採用枚数が減っているのであれば採用も視野。
今回は事前リサーチでご褒美の枚数は3と言われたため不採用。
神姫との出会いでお銀を止めるリスクを負うくらいなら、
リースで打点打ち消しまくってたほうがまだましと結論付けた。

とまぁこんな感じとなる。
正直、マッチングのかみ合いや2戦目をもう少しきっちりシビアに打ち切れれば
壇上は十分狙えたデッキではあったため、不甲斐なさがかなり残っている。。。
私の理解がデッキに追いつけていなかった部分が多々あり、
こまめなSP計算などでもミスが多く発生していた。
ただ、だからこそこのデッキは面白いため、次弾が出る前にぜひ多くの人に試していただきたい。
私の意志を継ぐ者が現れることを期待している。



■当日
18:00 サイゼリヤ店内

高校生『え、何あのTシャツ、、、ダサ。』


以上だ。