FC2ブログ

月達の反乱 初心者向け今の月単のカード説明

  • 2018/09/05(水) 21:39:25

さぁ諸君、月の反乱を起こすぞ。

初めに言っておくが、この記事はとても貴重な存在だ。
環境や各色のプレイングが根底から大きく変わる。
正直、大型大会の前にこの記事を掲載していいのか、非常に悩ましいところではあるが、
この記事を読む者は私への愛を持っている者と信じ、
私もそんな君たちの為になるのであれば、情報の提供は厭わない。
そう、愛の力は何よりも重い。

ごちゃごちゃフリーフォーマットで記載するのもわかりづらいため、
まずはサンプルのデッキレシピを公開する。

★デッキサンプル

酒呑童子
タケノコ
アシュリー
マシュ
フランケン
カーマ
ネログラディウス
月のお姫様
sr押田

3
ニケ
c冷泉ガルパン1.0
アンデルセン
一閃


Uミカガルパン1.0
クーフーリン
後藤もよ子
p武部ガルパン1.0


ジェフティ
邪竜召喚
アプスー
更科

★カード解説
デッキのベースは基本的に今までの環境と変わっていないが、
タケノコリオンを採用した月単の1番重要な考え方だけ伝えると、
『序盤中盤の打点レースで相手に大幅に負けなければ、最後に勝つのは月単』
ということを意識して頂きたい。
最終ターンにこちらだけ手札からタケノコリオンというイベントバーンを所持しているため、
仮に同じ打点レースでゲームが進んだ場合は月単の勝ちパターンとなる。
そのため、デッキの中身のカードは序盤中盤の打点レースで不利にならないためのカードで大枠が構成されている。

上記を踏まえた上でカード解説に入る。
月は初心者の方が入りずらい色だと考えているため、カード解説は細かに書かせていただく。
初心者以外の方は適度に読み飛ばしてくれ。
役割別に紹介していく。


・主役
【タケノコリオン】
LO-0240.png

このカードは自分のゴミ箱のタケノコリオンの数だけ相手のデッキを破棄するカードだ。
リセではイベントの効果を発動するタイミングではそのカード自身がゴミ箱に落ちた状態であるため、
仮にタケノコリオンが2枚ゴミ箱に落ちている状態で、
手札のタケノコリオンを2回発動させる場合、

1回目のタケノコリオンのダメージ=既にゴミ箱に落ちている2枚+発動時に落ちた1枚=3点
2回目のタケノコリオンのダメージ=既にゴミ箱に落ちている3枚+発動時に落ちた1枚=4点

となる。
つまり、7点のダメージを気軽に先に与えることがデッキとなる。
このデッキとしての優位性がデッキの大きな特徴や判断の基準となるため、
強く認識していてほしい。

では、続いてアタッカー群を紹介しよう。

・アタッカー
月属性では一言にアタッカーといっても様々な方法でアドバンテージを稼ぐことができる。
その多様性が最も魅力的な部分だ。
月のアタッカーに触れて、人間の十人十色、それぞれの良さがある人生に酔いしれるが良い。

【酒呑童子】
LO-0457.png

相手ターン開始時に、自分の手札を3枚抱えるだけで、相手キャラすべてにdMG値を1下げることができるカード。
リセというカードゲームはお互いにAFからキャラクターを展開し、
序盤から殴り合うことを前提としたゲームデザインのため、
デッキにもよるが、大体10回~15回程度はバトルによってダメージを受けることとなる。
初ターンに登場した酒呑童子はゲーム中に10点以上のダメージを減らす。
まさに鬼。初心者の君は何も考えず、今すぐこのカードを購入するんだ。

【フランケンシュタイン】
LO-0570.png

隣接したカードを行動済み状態にすることで、相手のデッキを1枚削ることができるカード。
主な使い方は、こちらのAFのカードに対して、より強いカードをDFに置かれて突破が困難になった際に、
このカードを隣接した位置に登場させ、最低1点はバーンダメージを叩き出すことが可能だ。
このカードも、相手とのダメージレースを離されないために非常に重要なカードとなる。

【アシュリー】
LO-0870.png

味方キャラが登場した際に相手キャラのAPかDPの値を1減らすことができるカード。
このカードの用途はフランケンシュタインと同じく、
こちらのAFのカードに対して、より強いカードをDFに置かれて突破が困難になった際に、機能する。
このカードの能力で相手の強いカードのスペックを操作し、
バトルで勝てるスペックに下げてから攻撃するのだ。

【カーマ】
LO-0772.png

相手ターン開始時、相手キャラと味方キャラの数を参照し、味方キャラの方が少ない場合相手のデッキを2枚破棄するカード。
このカードはAP5DP4という高スペックを活かしてDFに配置する者が多いが、
私個人としては、AFでの運用も申し分ないと考えている。
DMG値が2と控えめであるが、2点バーンダメージを含めると4点ダメージを叩きだしているため、
リカバリードローをしている場合、3ハンド高スペック4点アタッカーという化け物が誕生する。

【ニケ】
LO-0745.png

味方キャラが破棄したとき、ゴミ箱のそのキャラをデッキの下に置くことができるカード。
このカードがバトルなどで自分のキャラが破棄されるときに主に発動する。
お互いに同じハンド枚数で登場したキャラを相打ちさせ続けた場合、
このカードを登場している自分が徐々に有利になっていく。

さらに、このカードの役割はもう一つ存在し、
このデッキはデッキの一番下がタケノコリオンになってしまった場合、
デッキの一番下のカードはゲームの性質上ゴミ箱に落ちないため(落ちたら負けなので)、
タケノコリオンによるバーンダメージが減ってしまう。
しかし、このカードを出してデッキを回復している場合、
一番下のカードがタケノコリオンことはあり得ないため、
安心してバーンダメージを計算に組み込むことが可能だ。


【ミカ】【クーフーリン】
LO-0032.png
LO-0330.png

2ハンド3点アタッカー
上記アタッカー群は全員3ハンドキャラであったため、
除去色にどうしても不利になるケースが多い、
加えて、AFにおけるカードの種類を増やしておきたいため、
EX1のカードながら2枚ずつ採用。


アタッカーの紹介はここまでにして、
続いてこのアタッカーを支える補助的なカード群を説明していく。
最初にほぼ採用が確定なカード、次に環境次第で調整していくカードを紹介する。

・補助カード(優先的に採用)
【マシュキリエライト】
LO-0456.png

自分のデッキを1枚破棄し、このキャラを行動済みにすることで月2コストを発生するカード。
仮に初ターンに登場させた場合、ゲームが終わるまでに7回~9回程度能力を宣言することが期待できる。
このカード自体のカードスペックは2ハンドであるため、
差し引き相手より5枚~7枚の手札に余裕のあるリセが可能となる。

一方、毎回デッキを1枚破棄しており、このカードをDFに配置した際はこの列に対する攻撃が止まらないため、
稼いだカードを効率的に打点還元していく必要がある。

【ネログラディウス】
LO-0455.png

このキャラを行動済みにしたとき、相手キャラのAPかDPの値を1減らすことができるカード。
アシュリーと似ているが、こちらは2ハンドキャラであるため、
DFに配置してAFのカードを補助したり、相手の攻撃を防いだりする役割を持つ。
行動済みにする主なきっかけは、
①サポートによる行動済み状態
②フランケンシュタインによる行動済み状態
③バトル参加による行動済み状態
の3つとなる。

【月のお姫様】【邪竜召喚】
LO-0965.png

LO-0548.png

自分のゴミ箱にあるキャラを1体登場するカード。
主な使い方は以下の3つ。
①味方AFキャラが攻撃しているバトル中に使用し、アシュリー/ネログラディウスなどを駆使して一方的に相手キャラをダウンさせる。
②相手AFキャラが攻撃する対応で使用し、アシュリー/ネログラディウスなどを駆使して相打ちさせる。
③相手AFキャラが攻撃する対応で使用し、後述するジェフティやアプスーを登場し、相手ターン中に受けるダメージを軽減する。

①②の用途の場合は、行動することによって、こちらの手札が損しないことを心掛ける。
③の用途は、打点を通さないために使用する。最終ターン付近で相手の詰めを潰す目的で使用する。

【ジェフティ】
LO-0773.png

自身を破棄することで相手キャラ1体を行動済みにするカード。
主に、最終ターン付近で相手の攻撃を月のお姫様から登場し防御、
そのバトル中に能力を起動させて相手のDFを行動済みにさせるのに使用する。
攻守が同時に達成できる終盤のキーカードとなる。

【アプスー】
LO-0766.png

自身を破棄することで相手キャラ1体のDMG値を2下げるカード。
ジェフティと同じような使い方をするが、こちらのほうが使用するハンド枚数が少なく、
相手の打点を防ぐためにしか使えないという特徴を持つ。
こちらも最終ターン付近で使用する。

【アンデルセン】
LO-0569.png

登場したとき、相手の手札を1枚破棄するカード。
このカードの登場にかかるハンドは2ハンドのため、
相手とのハンド差を差し引くと2-1=1ハンドのキャラクター。
終盤に相手の詰め要素をなくしたり、受けるための手札をなくすような目的で使用する。
使用者の嗅覚が存分に発揮される良カード。


・補助カード(環境次第で要調整)
【押田】
LO-1005.png

自分のデッキを2枚破棄して月2コストを発生させるカード。(1度のみ。)
このカードの登場にかかるハンドは2ハンドのため、
能力によるコスト発生を差し引くと、アンデルセンと同じく1ハンドのキャラクター。
相手の2ハンドキャラクターでDP1以下のキャラに合わせたり、
DMG2を活かしてAFで機能させることも可能。
主に花単、雪単に使用する。

【一閃】
LO-1111.png

相手AFキャラ1体のDPを3下げるカード。
月のDFキャラは押田やアンデルセン、マシュなどコストが低いキャラクターで構成されているため、
このカードを使用して3ハンドキャラと相打ちさせたり、一方ダウンを狙えるカード。
主に日単、宙単相手に使用する。

【冷泉麻子】
LO-0312.png

このキャラがダウンしたとき、1ドローするカード。
相手のDP0のキャラクターに合わせて、相手の攻撃を止めるカード。
主に花単相手に使用する。

【武部沙織】
LO-0443.png

このキャラのDPとSPを1上げるカード。
2ハンドでDP4まで上がる唯一のキャラクターとなる。
主に花単、宙単に使用する。

【後藤モヨ子】
LO-0319.png

このキャラが登場した時、行動済みにすることで相手キャラ1体のAPを2下げるカード。
主に日単に使用する。

【更科睦美】
LO-0871.png

対戦キャラのDPを2下げるカード。
単体で相手のDP7のキャラまで相打ちにできる唯一のキャラクターとなる。
主に日単、花単、宙単に使用する。


★各色に対する戦い方

ここで私からこのように戦えと指示してもいいが、
月単は各色によって戦い方を微妙に変化させ、
相手を一歩だけ先に行くデッキなのだ。

何が言いたいかというと、
ここから先は君自身の力で切り開いてほしい。
その力を身に着けた君との勝負を私は期待している。

あ、BC自由学園は相性最悪なんであきらめてくれ。無理。
望むことは辺り一面月まみれ。

以上。

スポンサーサイト

2018年4月22日名古屋GP優勝レポート

  • 2018/04/22(日) 20:59:25

リセ王だ。

名古屋GP優勝は貴様らの予想通り私だ。



Congratulations!

HA!HA!HA! thanks!



◾️一昨日

ベルナルド君とスカイプリセ中。

私『たけのこと邪竜はどっち採用しても良くて邪竜の方が範囲が広くなるわけ!わかるかてめー?』

ベルナルド『え?いや、タケノコのが勝てるくない?』

私『は?いや、邪竜のが強えからまじでもっかいやんぞこら』



深夜1時



ベルナルド『タケノコのが勝てるくない?』

私『タケノコはゲームプランを考える上でシンプルであるがゆえにプレイングミスが起きづらく、序盤のマシュを宣言するが故の相手の打点先行をひっくり返すことができることからゲームプランが明確になりやすい。相手に圧力をかけるが故の受けすぎを狙うことができる上に4投されている万古不易が相手の攻めをも防ぎ、デッキとして凄く纏まっていて最強と呼ぶに相応しい。』



◾️デッキ選択

邪竜月単



◾️試合結果

一回戦 神姫日単 ふるで名人 勝ち

先行酒呑童子アルテミスエンド

後手ソル、ズヴァローグ、イグニス、ハンド2枚エンド

酒呑童子とイグニスが相打ちして、ズヴァローグをアルテミスで下げてニケ、アンデルセン追加、名人のダルタニアンが死ぬ。

思いのほかサイドステップキャラを引かれてしまい、ソルがモリモリ能力を起動し、逆にソル前のニケがガッバガバに通って打点得の状況が続き、アホみたいな打点差がついて相手の詰めが3点ほど足りず勝利。

月単使ってバトル以外でダルタニアン除去できるとは思わなかった。



二回戦 MIX月単 ベルナルド 勝ち

初手付近の動きは忘れた。

最後山9枚のところにタケノコ二発飛んできて、一発待ったして勝利



三回戦 MIX雪単 わーさん 勝ち

初手、ロビン3マシュ2魔霧1ネロ1

じゃんけん負けから相手が雪単or糞事故を願う。ぶっちゃけそれ以外ほぼ負け。



お相手の初手オーディンエンド。

事故った雪単!

上から引いた酒呑童子をマシュ経由で登場してエンド。

マシュ一枚抱えて、マシュを翁で焼かせるつもりが翁出てこず手裏剣追加エンド。

待った引いたのでロビンだけ出して待った構えてエンド。



つ翁

つ待った(^^)



(^^)



四回戦 MIX月単邪竜タケノコ ハル 勝ち

まず、デッキ構想時点でいかれてる。

何だ邪竜タケノコって。やめてくれ。

じゃんけん負けからの初手マシュ酒呑童子されてエンド。

ニケ酒呑童子で返してエンド。

そのあと何やかんやでギリギリの勝負になって、相手のタケノコをメリュジーヌで一枚除外したら凄く悲しい顔をして相手の詰めが1点足りず死んでいった。



五回戦 MIX宙単 ちゃちゃ 勝ち

じゃんけん勝ってマシュ、フランケン、ミカエンド。

相手ジャンヌダルク、矢来エンド。

マシュから武部出して、矢来前のフランケンパンチ。

キャッチからご褒美で処される。

ジャンヌの打点は無視してハンドアドだけ取れるように動き続け、追加した酒呑童子を殺しにきた矢来を邪竜アクアマーキュリーで粉砕。

そんなことしてるせいで、ついには17対34までの打点差へ。

相手のなけなしのハンドから放たれたロンゴミニアドを待ったして、

都合よくトップからキャラが湧き続けて辛くも勝利。



六回戦 MIX日単 りおし 勝ち

七回戦 MIX花単 まききゅ〜 勝ち

動画公開されてるからそっち見ろ、

どっちも書くのはしんどい。。。

死ぬかと思った。





結果7-0の優勝。

思い返せば全部の単色と当たってたんだな。

対戦相手も各地方の優勝者ばかりでボスラッシュ感が満載だった。

非常に充実して、濃密なリセが打てた。

勝利を目指し日々努力しているアスリートとして意見を言えば、

こういうリセを打つために私は生きているのだと実感した。

一手もミスが許されない中、限界ギリギリまで張り詰めた思考、絶対に負けられない、

自分の練度、構築、運、リセパゥワァー、全てが試されていた。

今日優勝出来たことを誇りに思う。



そして、2018年GPfinal

年末、君の挑戦を待っている。





以上だ。



PS

3日前の出勤中、家の近くのソープの前に巨大な人糞が落ちており、全く気づかずど真ん中に右足を振り下ろした。

オーダーメイドの靴の周りにべっとり張り付き、踏んだ感じで出来立てホヤホヤの印象を受けた。

朝っぱらからソープの前で排泄するのはやめろ。

重★大★発★表

  • 2017/10/24(火) 20:44:51

パチスロ引退します。
私が打ってるところを見たら殺して下さい。

以上。

リセフェスタ札幌 最強デッキ敗北を知る

  • 2017/09/24(日) 23:03:04


そして敗北を知る度に強くなる。
この私、misakieだ。

結果からいうと、4勝1敗で3位入賞。
残念ながら優勝を逃してしまった。

今回は最強デッキと言われた雪単タッチニーナノンナの説明と今後の展望について述べる。

デッキレシピは公式が上げているものを参照願う。


◾️デッキのコンセプトについて
まず、私はこのデッキを組む上で望んでいた形はロック盤面である。
相手のキャラに合わせてDFを展開し、どちらも打点を入れれない状態から手札を貯める。
その結果、風魔手裏剣、荊軻、魔剣破損、ノンナ辺りで10点以上の打点を通し滅ぼして行く。

◾️何故プラウダに寄せなかったか
プラウダ寄せにしてカチューシャを多く採用すると、デッキのEX1のカードが多過ぎてしまい、必然的に荊軻や風魔手裏剣、魔剣破損の枠と争うこととなる。
盤面をロックした後に効果的なカードを採用したかったため、カチューシャは合計6枚に調整した。

◾️有利デッキについて
対戦相手のロックデッキに対する警戒度にも寄るが、日以外には有利に立ち回れる。
日に対して勝ち筋がほぼ無いので、最早欠陥デッキなんじゃ無いかと反省している。
上記は今後の展望で述べる。

◾️ゲームの流れ
このデッキを使用したゲームの流れとしては、
初手にSRカチューシャ、2ターン目にSRマシュとDFを埋めていき、
4ターン目には一見どこも通らない盤面を作成する。
そこから徐々にハンドを増やし、後は適当にポンポンハンド投げて、最後は荊軻でUカチューシャの対面除去してノンナと10点叩き出せば幸せになれると思う。
まぁ、なんか新しいデッキ生み出した風に説明してるけど、普通にこれまでも使われてたよな。

◾️今後の展望について
日単がマジできついので、除去でテンポの取れる雪単を組もうと思っている。
特に、レヴァンテインで33パンチャーを止める動きについてはイかれてるとしか思えないため、積極的に除去を使い、
除去でアドバンテージを稼いで行く必要がある。
そこで、私が今後推したい雪のパンチャー達はRカチューシャ、U島田愛里寿、ゲイボルグ、清姫だ。
スペックゴリラもしくは除去でアドバンテージを稼ぐことができるキャラでAFを統一し、殴り合いを制する。
除去ハイスペックゴリ押し雪単。通称『ゴリコン』が今後の雪単の主軸となるだろう。

◾️北海道リセラーについて
また遊ぼう。

以上だ。

北海道リセフェスタへの意気込み ついに完成した『最強』デッキ

  • 2017/09/21(木) 07:36:53


北海道、初めて行くもんで実に楽しみ。

この各デッキの実力が拮抗している環境で、
私の手によって作り出された最強デッキ
それを、今週末皆様にお届けしよう。
恐ろしく、濃密な策略の詰まったデッキなので、
デッキが0枚になるまで何が起きたか分からないだろうが、
対戦相手の諸君は泡を吹いて倒れないよう心の準備をしておいてくれ。

最後に、
北海道リセラーの方々、よろしく頼む。

以上。