FC2ブログ

名古屋フェスタレポート 謝罪編

  • 2018/10/28(日) 19:42:31

本当に申し訳ありませんでした。


▪️経緯
時はオーガスト1.0時代。
あるところに、カーマを4投しないとキレる男、カーマ警察ことちびんりこととりちゃまがおった。
彼はワシにこう説いた。

鳥『カーマ積んでない月単は月単では有りません。カーマを積みなさい。』

ワシは彼にこう説いた。

ワシ『積むわけねぇだろボケが。』

穏便済むかと思いきや、
鳥は激怒し、摘発摘発叫び始めた。
そこでワシはこう続けた。

ワシ『そんなに言うんじゃぁよぉ〜
貴様との直接対決に負けたらよぉ〜
謝罪文書いてやるぜぇ‼︎‼︎』

ちなみにガスト環境の私の月単にはカーマが四投されていた。

▪️使用デッキ
最強のデッキ
ぶっちゃけ強すぎて引く
月単以外の現行デッキに対する勝率8割越え
月単には3割
最強の初手は奏友利


▪️対戦結果

一回戦 BC自由学園
じゃんけん負けスタートだが、
相手の初手が2ハンド二体、内1枚Uマリーと弱めの初手。
初手にカケラ寧々を出し、以降千莉のぞみや相手のRマリーをハンドソニックしつつ有利なハンド交換を繰り返し、輪廻にはアクセスできなかったもののハンド差つけてゴリ押し。
勝ち


二回戦 宙単
先行カケラ寧々エンド。
返し槍トリア。
返しカケラから奏。
返し4点食らう。
返しカケラからハンドソニック。
ハンドソニック輪廻あゆからあゆサーチあゆからあゆサーチあゆからあゆサーチ
おわり。


三回戦 日単タッチ月
後手。
ソル華エンド。
寧々友利エンド。
返し3点からカルパッチョエンド。
返しカケラからあゆ出して4点エンド。
返し7点殴ってエンド。
返し4点殴ってカケラ裸寧々出してエンド。
返し相手ハンド溢れて押田出してヘルモーズで殴ってエンド。
返しあゆ自戒から輪廻で流して奏出してハンドソニック回収してエンド。
この時点でハンド差3枚近く付いてたため、出てきたキャラを等価交換してゲームクローズ。


四回戦 鳥

負け。
鳥『謝罪文提出しろ。』


五回戦 輪廻
私と同じタイプのスタンド。
我が輪廻の世界(ザ・ワールド)へと到達している者。
彼の輪廻は構築論が異なり、
シンシアが入っている時点で不利マッチではあった。
かつ、四回戦の敗戦による精神的ダメージにより、私のリセパワーは最早ミジンコの域に達していた。
ギリギリな勝負になり、1ハンド1ダメージでもズレていれば負けている勝負を持ち前の明るさでなんとか切り抜け勝利を刻む。


六回戦 花単
じゃんけん勝ち寧々エンド。
返し、朝霧と佐奈出してエンド。
返しカケラから奏出してハンドソニック回収してハンドソニックコストから千莉出して千莉のコストからのぞみ出すっていう異次元ムーブで佐奈が死ぬ。
返し朝霧とのぞみが相打ちして、角谷と伏見で3点殴られる。
返し2点パンチ、カケラから千莉を角谷に合わせてAFにしろは、リースを伏見に合わせる。
返し伏見突っ込んで相打ちし、桃とクドリャフカと追加。
返し6点。
返しクドで3点、ブレエリ追加。
返し4点、ブレエリ前に裸寧々。
返しブレエリの下に上坂出してパンチ6点。裸寧々はブレエリの前からクドの前に移動。
返し、気は満ちたため、裸寧々横に移動してしろはコストに輪廻。友利出して飛ぶ。
返しクド追加エンド。
そこからは当ハンド交換を繰り返して、輪廻時に稼いだハンドアド分を友利の打点で還元し勝ち。


5-1。
正直、輪廻を優勝させてあげたかった。
不甲斐ない。
三回戦終わった時点で、このデッキに有利つくデッキが軒並みいなくなり、鳥以外ならええと。鳥以外とやらせてくれと願った結果、一度決まったマッチングから再マッチングになり隣にいた鳥は対面に移動した。
対戦内容もレポートに記した通り悪くない展開だったのにもかかわらず、相手の最終ターン『たけのこたけのこだけのコォォォンポォォ!!』とか言われ外部から9点飛んできて死。

優勝したかった。どうしようもなく。
この悔しさはやがて、私にとって大きな力となるだろう。
VA環境は始まったばかりだ。
GPfinalまで楽しませてもらう。

そして、最後に、
この名古屋フェスタまで調整してくれた皆有難う。
デッキの内容バラさないでねって各々に言ったけど
ダダ漏れで草生えました。

▪️当日会場前
私『あれ、クロネコさんじゃないっすか、今日は何使うんすか?』

クロネコ『お前は輪廻だろ?』

私『は?』

クロネコ『(月のパーツと枚数を呪文のように唱える)』

私『あいつらほんまカス』

以上。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する