FC2ブログ

月達の反乱 初心者向け今の月単のカード説明

  • 2018/09/05(水) 21:39:25

さぁ諸君、月の反乱を起こすぞ。

初めに言っておくが、この記事はとても貴重な存在だ。
環境や各色のプレイングが根底から大きく変わる。
正直、大型大会の前にこの記事を掲載していいのか、非常に悩ましいところではあるが、
この記事を読む者は私への愛を持っている者と信じ、
私もそんな君たちの為になるのであれば、情報の提供は厭わない。
そう、愛の力は何よりも重い。

ごちゃごちゃフリーフォーマットで記載するのもわかりづらいため、
まずはサンプルのデッキレシピを公開する。

★デッキサンプル

酒呑童子
タケノコ
アシュリー
マシュ
フランケン
カーマ
ネログラディウス
月のお姫様
sr押田

3
ニケ
c冷泉ガルパン1.0
アンデルセン
一閃


Uミカガルパン1.0
クーフーリン
後藤もよ子
p武部ガルパン1.0


ジェフティ
邪竜召喚
アプスー
更科

★カード解説
デッキのベースは基本的に今までの環境と変わっていないが、
タケノコリオンを採用した月単の1番重要な考え方だけ伝えると、
『序盤中盤の打点レースで相手に大幅に負けなければ、最後に勝つのは月単』
ということを意識して頂きたい。
最終ターンにこちらだけ手札からタケノコリオンというイベントバーンを所持しているため、
仮に同じ打点レースでゲームが進んだ場合は月単の勝ちパターンとなる。
そのため、デッキの中身のカードは序盤中盤の打点レースで不利にならないためのカードで大枠が構成されている。

上記を踏まえた上でカード解説に入る。
月は初心者の方が入りずらい色だと考えているため、カード解説は細かに書かせていただく。
初心者以外の方は適度に読み飛ばしてくれ。
役割別に紹介していく。


・主役
【タケノコリオン】
LO-0240.png

このカードは自分のゴミ箱のタケノコリオンの数だけ相手のデッキを破棄するカードだ。
リセではイベントの効果を発動するタイミングではそのカード自身がゴミ箱に落ちた状態であるため、
仮にタケノコリオンが2枚ゴミ箱に落ちている状態で、
手札のタケノコリオンを2回発動させる場合、

1回目のタケノコリオンのダメージ=既にゴミ箱に落ちている2枚+発動時に落ちた1枚=3点
2回目のタケノコリオンのダメージ=既にゴミ箱に落ちている3枚+発動時に落ちた1枚=4点

となる。
つまり、7点のダメージを気軽に先に与えることがデッキとなる。
このデッキとしての優位性がデッキの大きな特徴や判断の基準となるため、
強く認識していてほしい。

では、続いてアタッカー群を紹介しよう。

・アタッカー
月属性では一言にアタッカーといっても様々な方法でアドバンテージを稼ぐことができる。
その多様性が最も魅力的な部分だ。
月のアタッカーに触れて、人間の十人十色、それぞれの良さがある人生に酔いしれるが良い。

【酒呑童子】
LO-0457.png

相手ターン開始時に、自分の手札を3枚抱えるだけで、相手キャラすべてにdMG値を1下げることができるカード。
リセというカードゲームはお互いにAFからキャラクターを展開し、
序盤から殴り合うことを前提としたゲームデザインのため、
デッキにもよるが、大体10回~15回程度はバトルによってダメージを受けることとなる。
初ターンに登場した酒呑童子はゲーム中に10点以上のダメージを減らす。
まさに鬼。初心者の君は何も考えず、今すぐこのカードを購入するんだ。

【フランケンシュタイン】
LO-0570.png

隣接したカードを行動済み状態にすることで、相手のデッキを1枚削ることができるカード。
主な使い方は、こちらのAFのカードに対して、より強いカードをDFに置かれて突破が困難になった際に、
このカードを隣接した位置に登場させ、最低1点はバーンダメージを叩き出すことが可能だ。
このカードも、相手とのダメージレースを離されないために非常に重要なカードとなる。

【アシュリー】
LO-0870.png

味方キャラが登場した際に相手キャラのAPかDPの値を1減らすことができるカード。
このカードの用途はフランケンシュタインと同じく、
こちらのAFのカードに対して、より強いカードをDFに置かれて突破が困難になった際に、機能する。
このカードの能力で相手の強いカードのスペックを操作し、
バトルで勝てるスペックに下げてから攻撃するのだ。

【カーマ】
LO-0772.png

相手ターン開始時、相手キャラと味方キャラの数を参照し、味方キャラの方が少ない場合相手のデッキを2枚破棄するカード。
このカードはAP5DP4という高スペックを活かしてDFに配置する者が多いが、
私個人としては、AFでの運用も申し分ないと考えている。
DMG値が2と控えめであるが、2点バーンダメージを含めると4点ダメージを叩きだしているため、
リカバリードローをしている場合、3ハンド高スペック4点アタッカーという化け物が誕生する。

【ニケ】
LO-0745.png

味方キャラが破棄したとき、ゴミ箱のそのキャラをデッキの下に置くことができるカード。
このカードがバトルなどで自分のキャラが破棄されるときに主に発動する。
お互いに同じハンド枚数で登場したキャラを相打ちさせ続けた場合、
このカードを登場している自分が徐々に有利になっていく。

さらに、このカードの役割はもう一つ存在し、
このデッキはデッキの一番下がタケノコリオンになってしまった場合、
デッキの一番下のカードはゲームの性質上ゴミ箱に落ちないため(落ちたら負けなので)、
タケノコリオンによるバーンダメージが減ってしまう。
しかし、このカードを出してデッキを回復している場合、
一番下のカードがタケノコリオンことはあり得ないため、
安心してバーンダメージを計算に組み込むことが可能だ。


【ミカ】【クーフーリン】
LO-0032.png
LO-0330.png

2ハンド3点アタッカー
上記アタッカー群は全員3ハンドキャラであったため、
除去色にどうしても不利になるケースが多い、
加えて、AFにおけるカードの種類を増やしておきたいため、
EX1のカードながら2枚ずつ採用。


アタッカーの紹介はここまでにして、
続いてこのアタッカーを支える補助的なカード群を説明していく。
最初にほぼ採用が確定なカード、次に環境次第で調整していくカードを紹介する。

・補助カード(優先的に採用)
【マシュキリエライト】
LO-0456.png

自分のデッキを1枚破棄し、このキャラを行動済みにすることで月2コストを発生するカード。
仮に初ターンに登場させた場合、ゲームが終わるまでに7回~9回程度能力を宣言することが期待できる。
このカード自体のカードスペックは2ハンドであるため、
差し引き相手より5枚~7枚の手札に余裕のあるリセが可能となる。

一方、毎回デッキを1枚破棄しており、このカードをDFに配置した際はこの列に対する攻撃が止まらないため、
稼いだカードを効率的に打点還元していく必要がある。

【ネログラディウス】
LO-0455.png

このキャラを行動済みにしたとき、相手キャラのAPかDPの値を1減らすことができるカード。
アシュリーと似ているが、こちらは2ハンドキャラであるため、
DFに配置してAFのカードを補助したり、相手の攻撃を防いだりする役割を持つ。
行動済みにする主なきっかけは、
①サポートによる行動済み状態
②フランケンシュタインによる行動済み状態
③バトル参加による行動済み状態
の3つとなる。

【月のお姫様】【邪竜召喚】
LO-0965.png

LO-0548.png

自分のゴミ箱にあるキャラを1体登場するカード。
主な使い方は以下の3つ。
①味方AFキャラが攻撃しているバトル中に使用し、アシュリー/ネログラディウスなどを駆使して一方的に相手キャラをダウンさせる。
②相手AFキャラが攻撃する対応で使用し、アシュリー/ネログラディウスなどを駆使して相打ちさせる。
③相手AFキャラが攻撃する対応で使用し、後述するジェフティやアプスーを登場し、相手ターン中に受けるダメージを軽減する。

①②の用途の場合は、行動することによって、こちらの手札が損しないことを心掛ける。
③の用途は、打点を通さないために使用する。最終ターン付近で相手の詰めを潰す目的で使用する。

【ジェフティ】
LO-0773.png

自身を破棄することで相手キャラ1体を行動済みにするカード。
主に、最終ターン付近で相手の攻撃を月のお姫様から登場し防御、
そのバトル中に能力を起動させて相手のDFを行動済みにさせるのに使用する。
攻守が同時に達成できる終盤のキーカードとなる。

【アプスー】
LO-0766.png

自身を破棄することで相手キャラ1体のDMG値を2下げるカード。
ジェフティと同じような使い方をするが、こちらのほうが使用するハンド枚数が少なく、
相手の打点を防ぐためにしか使えないという特徴を持つ。
こちらも最終ターン付近で使用する。

【アンデルセン】
LO-0569.png

登場したとき、相手の手札を1枚破棄するカード。
このカードの登場にかかるハンドは2ハンドのため、
相手とのハンド差を差し引くと2-1=1ハンドのキャラクター。
終盤に相手の詰め要素をなくしたり、受けるための手札をなくすような目的で使用する。
使用者の嗅覚が存分に発揮される良カード。


・補助カード(環境次第で要調整)
【押田】
LO-1005.png

自分のデッキを2枚破棄して月2コストを発生させるカード。(1度のみ。)
このカードの登場にかかるハンドは2ハンドのため、
能力によるコスト発生を差し引くと、アンデルセンと同じく1ハンドのキャラクター。
相手の2ハンドキャラクターでDP1以下のキャラに合わせたり、
DMG2を活かしてAFで機能させることも可能。
主に花単、雪単に使用する。

【一閃】
LO-1111.png

相手AFキャラ1体のDPを3下げるカード。
月のDFキャラは押田やアンデルセン、マシュなどコストが低いキャラクターで構成されているため、
このカードを使用して3ハンドキャラと相打ちさせたり、一方ダウンを狙えるカード。
主に日単、宙単相手に使用する。

【冷泉麻子】
LO-0312.png

このキャラがダウンしたとき、1ドローするカード。
相手のDP0のキャラクターに合わせて、相手の攻撃を止めるカード。
主に花単相手に使用する。

【武部沙織】
LO-0443.png

このキャラのDPとSPを1上げるカード。
2ハンドでDP4まで上がる唯一のキャラクターとなる。
主に花単、宙単に使用する。

【後藤モヨ子】
LO-0319.png

このキャラが登場した時、行動済みにすることで相手キャラ1体のAPを2下げるカード。
主に日単に使用する。

【更科睦美】
LO-0871.png

対戦キャラのDPを2下げるカード。
単体で相手のDP7のキャラまで相打ちにできる唯一のキャラクターとなる。
主に日単、花単、宙単に使用する。


★各色に対する戦い方

ここで私からこのように戦えと指示してもいいが、
月単は各色によって戦い方を微妙に変化させ、
相手を一歩だけ先に行くデッキなのだ。

何が言いたいかというと、
ここから先は君自身の力で切り開いてほしい。
その力を身に着けた君との勝負を私は期待している。

あ、BC自由学園は相性最悪なんであきらめてくれ。無理。
望むことは辺り一面月まみれ。

以上。

2018年8月東京フェスタレポート 初めてのシングル戦

  • 2018/08/18(土) 20:32:43

アーイェーアィアーオワォー
misakieだ。


ガルパン最終章が発売され、
ついに新環境での初めてのフェスタが開催されたな。
今回、私はいろんなデッキを試し切り、
並ならぬ努力の果て、新環境を見極め、
他の追随を許さないデッキ選択を行なった。
今日はそのデッキ選択における手本を皆に展開しようと思う。

・新環境について

全くわかりゃせーーーん。


・デッキ選択
月単か雪単か雪月輪廻か大学選抜かで悩み。
もうなんか、何使っても勝ち切れないので取り敢えずノリで月単に決めました。おーん。

新弾のカード4枚しか積まない事によって、
誰よりも練度を大事にした。
ぶっちゃけ新しいアクションがどれも強く無かった。

・前日調整
らじお君、クロネコさんとスパーリングした。

らじお『もう俺結構練習して来たから、君の練習に付き合うよ。』

私『ありがとう!ありがとう!ほんま感謝!』

〜2時間後〜

らじお『飽きたーーーー(●´ω`●)』

私『我もーーーー(●´ω`●)』

クロネコ『wiiUやろーーーー(●´ω`●)』

私『リセしろ雑魚が』

らじお『リセしろ雑魚』

クロネコ『うぅぅ(´;ω;`)』

・当日
私『後、5分で出るぞ。』

らじお『は?まだYUZ宙日組んでないけど?』

私『は?今から組むの?』

らじお『え、だってシングル戦出る事になったらそりゃ必要でしょ。。。』

私『私は負けないから、シングル戦でる択は無いが、そこまでいうのであればパーツを貸してやろう。』

らじお『ほんまでっか?じゃあ組むのやめます。』

私『いや、組めよ。』

〜10分後〜

らじお『出来たーーーー』

私『はい、じゃあその紙束持って早く出るよ。もう遅れてるから。』


・対戦レポート 使用デッキ月単

一回戦 大学選抜 ヘルウインドさん×

じゃんけん負けメグミから殺戮マシンアリス無償登場エンド。
カーマ出してマシュ出して何か出してエンド。
そっからなんか出て来て何やかんやな感じでぽこぽこ殴られて、もう勘弁してくださいよぉ〜って言ったらトップドローから殺戮マシンの能力条件満たすキャラをピンポイントで引かれ、『滅せよ。』という言葉とともに俺のデッキは朽ち果てていった。。。


二回戦 アンツィオ高校 えんぴつさん ×
私『アシュリーパンチ!』

えんぴつ『Uカルパッチョで移動してブロック、移動したのでRアンチョビでAPあげます。』

私『馬鹿がヨォ!!邪竜召喚でコレットアナスタシア登場!アシュリーの効果でカルパッチョのAPを下げて一方だ!!!』

えんぴつ『じゃあSRアンチョビの効果使います。』

私『何ができるんですか?』

えんぴつ『アシュリーは死にます。』






らじお『俺今2-0で、宙日YUZあるけど、シングルで使う?』

・シングル戦 使用デッキ宙日YUZ

一回戦 日花オーガスト ◯
先行とってST矢来、貴船エンド。
永遠にその二体で殴り続けてゲームクローズ。


周りを見渡す。

8月雪、ガルパン、ブレブレ、、、、、
YUZ一人やん。

YUZ優勝確定。


二回戦 ガルパン聖グロ ×
私『右DFにSTガイヤール出します。』

相手『そこでませんよ。』

私『わぁぁぁ!ほんとだ!これ登場条件満たしてないから戻せますかね?』

相手『まぁ、ジャッジに聞いてみましょう。』

私『条件満たしてない場合は初心者救済目的でやり直しが認められてるはずなので、きっと大丈夫だねww』

ジャッジ『スタスタ、、ん?あぁ破棄で。』


三回戦 日単オーガスト ◯
先行とってST矢来とU雲雀丘エンド。
永遠にその二体で殴り続けてゲームクローズ。

四回戦 雪単オーガスト ◯
私『忍者出します。』

相手『うー、忍者辛いよーーーリセットコマンド!』

私『はい、じゃあ忍者出します。』

相手『うー、忍者辛いよーーーリセットコマンド!』

私『あ、はい。じゃあ忍者出します。』


五回戦 宙単オーガスト ◯
相手『え!何これAFキャラでない!AFキャラでない!伽耶様エンド!』

私『ST矢来と貴船出してエンド。』

相手『2ドロー!ウェァァァ!!AFキャラでない!稲生出してエンド!』

私『喰らえ!忍者!』



4-1でYUZ優勝。
いや、対戦内容は全く関係なくYUZ優勝ではあるが、、、

シングル戦、初めて参加したが、
自分の好きなデッキタイプを使用する事を非常に肯定されている大会で、参加していて凄く新鮮な面白さを感じていた。色んなカードが陽の目をを浴びており、リセの初心を思い返す。そんな大会であった。
総じて、非常に面白い対戦をさせていただいた。
対戦相手の皆の者に感謝致す。

この世の全てのリセに感謝。

以上だ。

2018年7月東京フェスタ 悪魔超人バッファローマン

  • 2018/07/23(月) 23:14:50

よう、私だ。
いつも通りにレポートを記載する。


・GPの前週
名古屋優勝日ウニやばくね?
1シーズン二回優勝シロタツやばくね?
日ウニ使ったパチモンに10連敗する私やばくね?
あれ?月単勝てなくね?wowwow

でーも日ウニなんて使う人そんなおらんだろうし、無視でいいっしょwww

民1『俺、王に勝てるならこのデッキつかうよ。』
民2『俺も使うよ。』
民3『じゃあ俺も』

・GP3日前
日ウニのダメージ3点2ハンド3体エンドとかいう知性0猿戦略に対抗できる同ハンドのアクションはカーマ酒呑童子だ!
これで5点4点進行で有利にゲームが進められるぞ!
さっそくカーマを積んでカーマの事をよくわかってる人と対戦しよう!


カーマ警察専用立ちバック要員略称ゆきお

ゆきお『カーマ積んどるやん!散々弱い言って馬鹿にしてた癖に!みんな信じてくれんかったやん!お前カーマはなしやろ!カーマに俺どんだけ弱いと思ってんねん!ほんまカーマきついわ、これカーマだけにやられとるわ、え?相打ち?愛内里菜?』


・GP2日前
カーマ強い。
月にも雪にも日にも強い。
これはやばい、なんでこんなカーマに翻弄されてるんだ私は。
月ミラーにも後手からの勝ち筋が明確に生まれた。

あとはカーマが強いと気づいてるやつからカーマを一枚でも多く減らすしかない。


私(twitter)『カーマよっわ』

1分後

カーマ警察(カーマ3投)『emergency‼︎‼︎emergency‼︎‼︎』

私(カーマ4投)『お?お前まさかまだカーマなんか積んどるんか?www』

カーマ警察(カーマ3投)『カーマの不適切な評価を検知しました。あなたを摘発します。』

私(カーマ4投)『良かろう、私を倒してカーマが強いカードである事を証明するがいい。私は絶対にカーマなんて弱いカードは積まないぞ。』

構築時点でライバルにカーマ一枚分の差をつけることに成功。


・GP当日
一回戦二回戦は持ち前のフットワークで何とか勝利。
私は辺りを見渡した。

そこに現れたのが彼、カツ丼マンだ。

私『ようカツ丼マン。貴様、まさかすでに負け丼マンじゃあるまいなぁ?』

カツ丼マン『ん?2-0だよ。』

私『なるほどなぁ。。。まだカツ丼マンであるようだ。。。』

カツ丼マン『君、次負けたら釜めし丼って呼んでやろう。』

私『脈絡なさすぎる上にダサすぎるからもう一度考えてみてくれ。』



5分後



三回戦 VSカツ丼マン(日単)

カツ丼マン『君の名前を考えてきたぞ。』

私『聞こう。』

カツ丼マン『この勝負、君が負けたら、君はバッファローマンと名乗ってもらう。』
ba4252bee5e6d36c095cbedbfa6be624.jpg


私『なるほどなぁ。。。受けて立つ。』

じゃんけん負け。
ハンドは酒呑以外すべて揃っている好手。
神槍カーマも搭載されており、隙が無い。

カツ丼マン『うぇ、弱。アリサ出して能力エンド。』

ぺらっ、酒呑童子

私『うげぇ!!!』

奴は私の酒呑童子を落とすと同時に、1体エンドでこちらのカーマを腐らせた。
カーマプランを取るつもりが、動揺してしまい、
ニケ、フランケン、ミカというまぁそのうち何とかなるだろって感じの猿ムーブを選択。

カツ丼マン『うーん。じゃあガイヤール。パンチ!』

私『お前がリカバリーするのかよ』

キレた。
2ターン目にして、こちらの思惑が全てマイナス方面にハマっていたのを感じた。

なんやかんや有り最終ターン。
私の華麗なアプスー捌きにより、相手のAFをダウンさせずに打点をカット。
紅因幡と研ぎを持っていない限り私には勝てない布陣を形成。

私『これでどうだ!カツ丼マン!』

カツ丼マン『あちゃ~これ負けたか~』

2分後。

カツ丼マン『紅因幡出します。研ぎで。』

私『お前ほんとにいい加減にしろ。』

負けた。


カツ丼マン『君は今から、バッファローマンだ。』

私『ごめん、今からはまじで辞めて。名前変えたらファイナルの権利失う。』

カツ丼マン『その点は安心しろ。必殺技のハリケーンミサキーを使えばいい。』
middle_1259210988.jpg

私『ハリケーンミキサーと掛けてんのか、終始地味なクオリティに腹立つ。』



それからのことは覚えていない。
敗北のショック。
タケノコ対応ステーキとかいう謎の言葉に敗北を重ね。
私は2敗した。。。



大会後



カツ丼マン『お、バッファローマンじゃねぇか。どうだった?』

バッファローマン『お前は?』

カツ丼マン『ん?俺?4-2』

バッファローマン『負けてんのかよ!お前今から私ともう一度名前かけて勝負しろ!』

負け丼マン『えー、疲れたからヤダ』

バッファローマン『私のほうがこんな名前で過ごすの嫌だわ!』

その時、
隣にいた全く関係のない人『おんまえぇ!そんな簡単に悪魔超人辞めれると思ってんじゃねぇゾォォ!!!?』
S__72663043.jpg

と、握りこぶしを右手に急にキレ始め、
あまりの怖さに

バッファローマン『え、あ、ごめん。』

と、心にもない謝罪をしてしまった。


以上。

2018年6月東京フェスタレポート

  • 2018/06/25(月) 17:49:44

ぽへ

6月17日富山フェスタ優勝レポート

  • 2018/06/17(日) 21:58:41

お疲れ、misakieだ。
皆が敬愛する私が優勝だ。
優勝はそう何度もできることではない為、
流石の私も嬉しいと感じている。

いつも通り、どのようにして優勝に至ったのか、その根幹に触れておく。

■前日
羽田空港から富山空港へ1時間で飛び、
そのまま空港からバスで富山駅へ30分で移動。
荷物をロッカーに入れ、間髪入れずに宇奈月温泉駅へ向かった。
電車に乗って2時間経つと、宇奈月温泉駅に到着した。
宇奈月温泉駅から宇奈月駅に行き、
宇奈月駅から窓のないトロッコ列車に乗って冷たい風に鳥肌を立てながら1時間半掛けて欅平駅へ、

なぜ、5時間もかけて欅平に行ったか?
私の目的は絶景を見渡しながらの足湯。
私は売店に行き店員に足湯の場所を教えてもらい、タオルを購入した。

欅平駅から徒歩15分、ついに足湯へ。

看板『足湯、15時まで』

時刻、15時3分。

怒りが頂点へ

枯れた足湯。
終わったことを言わずタオルを売る店員。
ここまで来るための苦労。

全てに対し怒りを感じたが、
あまりの絶景前にして私の怒りは静まった。
本当に、綺麗なところだったんだ。


その後、4時間かけて富山駅に帰りましタァ。
このプランに付き合ってくれた黒猫殿には多大な感謝の意をここに記そう。

■使用デッキ
MIX月単

まぁ、正直最強だよね。
常日頃からタケノコの里を食すことでタケノコパワーも存分に溜めれていた。


■対戦レポ

一回戦 宙単 かばぷ 勝ち

大型大会の一回戦目の宙単率は異常。
3回に2回は宙単と当たってるぞ。
相手先手槍トリアと茉子を出し、
返しに酒呑とプロトタイプを配置。
次のターン、殴ってエンドされ、
こちらは返しにロビンフットを盤面に出してプロトタイプパンチスルー、酒呑パンチ対応で念動力槍トリア移動、月のお姫様からSPを足して相打ちに。
その後茉子とクーフーリンが殴り合い、
2ターン後に槍トリア追加されるもハンド5枚でAFなし。
次のターンに酒呑童子をツモり、ギリギリの勝負をジェフティとタケノコで制した。


二回戦 月単 ヘルウインド 勝ち

相手先手からマシュ酒呑、
こちら返しに相手マシュ前にマシュ酒呑。
相手はさらにニケを追加、
私は酒呑前に更科を配置、
これで、こちらがマシュにAP4が当たってる分有利となる。
相手、竜王追加、
返しに竜王前にネロ、AFにロビンフット。
その後盤面が徐々に固まっていく。
盤面が完全に固まる前に酒呑のAP4を活かしてマシュをSP突破。
その瞬間に、相手はニケを生かしてDFを一方で落ちる代わりにこちらのDFを寝かせるプランに変わった。
対してこちらはアシュリーを展開し、ニケ前のマシュに対して邪竜ロンギヌスをし、ニケを一方。
稼いだハンド差を還元する動きを取っていた。

最後はお互いにタケノコ射程に入り、序盤から握っていた異議アリで相手のタケノコを叩き落として勝利した。
打点アドVSハンドアドや相手の配置を見てから配置をする強さが際立った試合だった。


三回戦 雪単 アイル 勝ち

相手先行風魔手裏剣エンド。
こちら返しにマシュ酒呑エンド。
相手千莉を出し、マシュ前にジャックザリーパーエンド。
そこからはお互いに盤面にキャラを置きながら、酒呑の3点とジャックの3点千莉の1点の打点交換を続ける。

酒呑童子が山の翁で焼かれ、あたふたしてるうちに8点ビハインド。
ニケとフランケンシュタインを登場し、
最後相手の詰めをコレットで無理矢理止めて、タケノコ射出して勝利。


四回戦 月単 らびさん 勝ち

相手先手マシュ酒呑。
こちら返しにクーフーリンとアシュリー。
月のお姫様を構えて、酒呑と相打ちする予定が、相手ネロをコストにアシュリーを登場。
月のお姫様を月のお姫様でカウンターされる可能性が高いため、
こちらからは動かず打点を通す。
こちらのターンでコレットを追加し、5-6交換を所望する。
その後相手のキャラの沸きが悪く、希望通り5-6交換が続き、私のデッキが徐々に減って来る。

月のお姫様を2枚抱え込み、相手の酒呑に対して月のお姫様で相打ちしにいく。
1体相打ちに即出し直し、次のターンも月のお姫様を使い、酒呑から受けるダメージを減らしながらお互いのリソースを削りに行った。

結果、辛くも勝利した。


五回戦 雪単 k-masan 勝ち

こちらから先手でマシュ酒呑。
返し、千莉からジャックザリーパーをマシュ前へ。
こちらアシュリーを追加。
相手ミョルニルを追加。
こちらニケを追加。
相手酒呑にリースを合わせてエンド。
こちら、ミョルニルにフランケンシュタインを合わせる。
ミョルニルとフランケンシュタインを相打ちさせて、リース出し直し。

徐々についていく盤面差と打点差を前に、彼は荊軻とギルドオーダーと山の翁を引けず、
為すすべもなく削りきってしまった。。。


六回戦 日単 楓月 勝ち

相手先手、ソル凪エンド。
こちら返しにアシュリーとソル前に酒呑エンド。
相手ネログラディウスを登場し、アシュリー前にイグニス出してエンド。
こちら、ロビンフットを追加し酒呑が殴ったところ研ぎで相打ちに。
1ハンドロスした状態で、5-6交換で進行し、途中ロビン前にアンズー登場、こちらはメルトを追加してSP突破する。
どうにか、こうにかDFを更科メルトコレットの並びで止めきり、相手のデッキ24枚こちら18枚でターンを返す。
そこから、ハンドを貯めまくり、盤面のコレットと月のお姫様2枚で相手の攻撃を受けきるプランに変更。
たまに殴りながらも、お互いにドローゴーを行う。
相手のデッキ13枚になってから、ハンドに1枚もないタケノコを今後引くことを前提にプランを組み立てる。
2ドロー3回プラスタケノコ4点プラスタケノコ3点orジェフティで3点のプランを想定。
2ターン後に紅因幡を使用し、相手がこちらにタケノコ二枚所持を前提に猛攻を仕掛けて来る。
デッキ3枚まで減らされ、ダメージ軽減のエリナ登場してエンド。
紅因幡のエンゲージドローでデッキが8枚になっていることに気づかず、
当初想定していたジェフティタケノコだとエリナ分届かない認識を持ち、コレットからフランケンシュタインを出してタケノコと合わせて6点が思いつくまでに時間がかかり、時間切れへ。
その場での片方の投了のみ認められたため、
状況を説明し、楓月が投了した。


結果、6ー0優勝。
毎度思うが、本当にギリッギリで生きてるな。
決勝卓に関しては後手2ターン目で酒呑童子がソル研ぎで落ちた瞬間に敗北を感じていた。
私は今の自分のデッキをかなり気に入っており、暫くは一枚たりとも変更する必要は無いと感じているレベルだ。
最強になりたい、最強とは何なのか?
そこに気づき、自己研鑽したいのであればまずはコピれ。

今回、各々の対戦相手との命運を分けたのはまさにリセパワーだ。
前日襷平まで行き、自然の素晴らしさ、人間の建造物との調和、そして足湯。
それら全てがリセパワーへと繋がった。
何人かのリセラーは私の後ろに何か居ると、リセパワーの気配を感じ取っていた者も存在した。
後はデッキ紹介にも記載した通り、たけのこの里を食していた。
タケノコが大事な時に引けない者も多いと思う。
その多くの者がリセ自体を練習してしまい、根本的な問題に気づいて無いのだ。

たけのこへの感謝

それが君達に足りているだろうか?
胸に手を当てて考えて欲しい、
君はこの人生で、たけのこに感謝したことがあるだろうか?
たけのこを愛し、たけのこを育て、たけのことともに過ごしたことがあるだろうか?
もう一歩踏み込んで、たけのこのことを知ろうとして欲しい。
そしたら君は、リセラーとしてまた次のステージに登ってこれるだろう。
ちなみに私はたけのこ苦手。

以上だ。