FC2ブログ

5月27日リセチーム戦東京フェスタ

  • 2018/05/28(月) 18:35:59

最近人生に疲れて来た。
misakieだ。

更新が1日遅れてしまい、
更新を待ち遠しくて眠れなかった地球人ども、すまなかった。私は普通に寝た。


そうだな、今回はチーム戦という事で、
私と共に戦ってくれたチームメンバーの話からしようか、

隊員 かばぷ
副隊長 王者
隊長 misakie


■チーム紹介

・かばぷ
リセ星出身。
スペース国精鋭騎士団三番隊隊長の息子である彼は、
生まれて間もなく地球に潜伏兵として飛ばされた。この時、リセ星では地球でのリセは必見されておらず、宇宙船の性能試験及びかばぷ自身のキャリアプランとして地球が選ばれた。
彼自身、リセ星での思い出があるわけではない為、ある意味地球人と言っても過言ではない。
本人もリセ星人としての自覚はなく、彼にリセ星人なんですか?と聞いても『は?あいつまじで○すぞ』という返答しか返ってこない為、やめておいたほうがいい。
但し、今回Kingdom of Lycee Planetで戦ったということはそういうことなのだ。
彼も無意識の中、誰の為に戦うのか?それがその血に刻み込まれている。
リセの実力は破壊神と呼ばれた父親譲りで、宙が生きづらい環境の中、その才覚を発揮し高勝率を保っている。
知ってはいると思うが、私の父、第16代ゲームセット王は破壊神とライバル関係にある。

・王者
???出身。
ここで初めて告白するが、おそらく彼は地球人でもリセ星人でもない。なんかそんな気がする。
そもそも一体何処の王者なのか何の王者なのか、全ては謎に包まれている。
ただ唯一はっきりしているのは我がチームに必要な王の資質があるという事。
食事に誘うとしきりに米を求め、米!米!とメニューをめくる姿は野生そのもの。
そんな彼の常に渇望している食欲と実力を見込み、このチームへ招待した。

■遥か昔
お『チーム戦前の調整どうする?』
私『前日でよくね。』
ぷ『りょかい、じゃあ前日調整すっか。』

■チーム戦前々日
私『わり、前日に22時まで仕事入ったわ。』
お『まぁ、仕方ないね。』
ぷ『わかった。俺たちは秋葉で調整してるわ。』
私『ん。』

■チーム戦前日
私『19時半だけど仕事終わったわ。』
ぷ『お?どうする?まだ秋葉いるけど君の家行って調整する?』
私『いや、仕事で疲れたからこのまま帰って寝るわ。ごめん。』
ぷ『りょかいー、お疲れ様ー。明日頑張ろうな。』
私『おう』

■チーム戦前日 2時間後
私『スロットで5k勝ち。』
ぷ&お『ほんまに死ね。』

■チーム戦当日
私『はい!来たぞ!私が隊長で!ほか適当で!よろ!』

ぷ&お(こいつ…)



■試合結果
公式参照


結果、チーム5-1で入賞。
5回戦で負けてしまい、誠に悔しい思いをしたが、
最終戦はチームメンバのパワーが高く、辛くも勝利した。
優勝は悠々亭ブロガーが集う、悠々亭アメフト部。
今この日本の状況でアメフト部を名乗り、更に優勝コメントで謝罪まで行うその姿勢は悪くなかったぞ。
その想いが、君達を次の未来へ導くのだ。
反省は過去を悔いて終わりではない、明るい未来へと続く道を選択するための礎となるのだ。
少なくとも私は、生きるということはその繰り返しなんだと思う。
その繰り返しの中に、かけがえのないものを見つけるんだ。
それが私達の祖先が私達が生まれてくるまで命を繋いだ理由なんだと思う。
今ある命をこれからも存分に楽しめ。

以上だ。

4月29日東京フェスタ

  • 2018/04/30(月) 02:14:36


はぁ。



◾︎前日

1:00
毎日更新が売りで毎日は更新してないひーろぐの主、緋色くんと調整の約束をする。

私『緋色くん、15時に私の仕事が終わるため、その後我が王宮へむかえ入れよう。』

緋色『おっけー、まってるわ』



12:00
私『わり、15時間に合わねーわ。18時くらいになりそう。』

緋色『おっけー、仕事だから仕方ないよ。まってるわ』



16:00
私『わり、18時間に合わねーわ。』

緋色『んー、流石にそろそろ待つの辛い。待てても20時』



21:40
私『わり、待った?』

緋色『ううん、待ってないよ!大丈夫!気にすんなって!』



◾︎環境読み
日単だらけ、
1回戦から3回戦で雪単軸のデッキが淘汰され、
4回戦目以降は日に勝てるであろう月単と日単で溢れかえっている。

つまりこの環境でのソリューションは
『何にでもめっちゃ勝てるデッキ』

◾︎使用デッキ
20時間仕事してる間に必死に考えたオーガスト月単


◾︎対戦内容

4勝3敗(不戦勝一回)

正直できることが多すぎて何も覚えてない。
負けたときに頭真っ白になって明日からのストレッチメニューについてしか考えてなかった。
デッキ使うのにカロリー使いすぎて無理、前日リセさせてくれ。

◾︎反省

デッキの自由度が高すぎる故にプレイングミスを頻発してしまった。
練習時間が足りない状態で使えるようなデッキではなかった。
非常に自由度が高く、斬新なリセができるため、月単好きのプレイヤーはぜひ試していただきたい。

家に帰ってフリーしたら面白いだけで負けまくりだったけど。

以上だ。

2018年4月22日名古屋GP優勝レポート

  • 2018/04/22(日) 20:59:25

リセ王だ。

名古屋GP優勝は貴様らの予想通り私だ。



Congratulations!

HA!HA!HA! thanks!



◾️一昨日

ベルナルド君とスカイプリセ中。

私『たけのこと邪竜はどっち採用しても良くて邪竜の方が範囲が広くなるわけ!わかるかてめー?』

ベルナルド『え?いや、タケノコのが勝てるくない?』

私『は?いや、邪竜のが強えからまじでもっかいやんぞこら』



深夜1時



ベルナルド『タケノコのが勝てるくない?』

私『タケノコはゲームプランを考える上でシンプルであるがゆえにプレイングミスが起きづらく、序盤のマシュを宣言するが故の相手の打点先行をひっくり返すことができることからゲームプランが明確になりやすい。相手に圧力をかけるが故の受けすぎを狙うことができる上に4投されている万古不易が相手の攻めをも防ぎ、デッキとして凄く纏まっていて最強と呼ぶに相応しい。』



◾️デッキ選択

邪竜月単



◾️試合結果

一回戦 神姫日単 ふるで名人 勝ち

先行酒呑童子アルテミスエンド

後手ソル、ズヴァローグ、イグニス、ハンド2枚エンド

酒呑童子とイグニスが相打ちして、ズヴァローグをアルテミスで下げてニケ、アンデルセン追加、名人のダルタニアンが死ぬ。

思いのほかサイドステップキャラを引かれてしまい、ソルがモリモリ能力を起動し、逆にソル前のニケがガッバガバに通って打点得の状況が続き、アホみたいな打点差がついて相手の詰めが3点ほど足りず勝利。

月単使ってバトル以外でダルタニアン除去できるとは思わなかった。



二回戦 MIX月単 ベルナルド 勝ち

初手付近の動きは忘れた。

最後山9枚のところにタケノコ二発飛んできて、一発待ったして勝利



三回戦 MIX雪単 わーさん 勝ち

初手、ロビン3マシュ2魔霧1ネロ1

じゃんけん負けから相手が雪単or糞事故を願う。ぶっちゃけそれ以外ほぼ負け。



お相手の初手オーディンエンド。

事故った雪単!

上から引いた酒呑童子をマシュ経由で登場してエンド。

マシュ一枚抱えて、マシュを翁で焼かせるつもりが翁出てこず手裏剣追加エンド。

待った引いたのでロビンだけ出して待った構えてエンド。



つ翁

つ待った(^^)



(^^)



四回戦 MIX月単邪竜タケノコ ハル 勝ち

まず、デッキ構想時点でいかれてる。

何だ邪竜タケノコって。やめてくれ。

じゃんけん負けからの初手マシュ酒呑童子されてエンド。

ニケ酒呑童子で返してエンド。

そのあと何やかんやでギリギリの勝負になって、相手のタケノコをメリュジーヌで一枚除外したら凄く悲しい顔をして相手の詰めが1点足りず死んでいった。



五回戦 MIX宙単 ちゃちゃ 勝ち

じゃんけん勝ってマシュ、フランケン、ミカエンド。

相手ジャンヌダルク、矢来エンド。

マシュから武部出して、矢来前のフランケンパンチ。

キャッチからご褒美で処される。

ジャンヌの打点は無視してハンドアドだけ取れるように動き続け、追加した酒呑童子を殺しにきた矢来を邪竜アクアマーキュリーで粉砕。

そんなことしてるせいで、ついには17対34までの打点差へ。

相手のなけなしのハンドから放たれたロンゴミニアドを待ったして、

都合よくトップからキャラが湧き続けて辛くも勝利。



六回戦 MIX日単 りおし 勝ち

七回戦 MIX花単 まききゅ〜 勝ち

動画公開されてるからそっち見ろ、

どっちも書くのはしんどい。。。

死ぬかと思った。





結果7-0の優勝。

思い返せば全部の単色と当たってたんだな。

対戦相手も各地方の優勝者ばかりでボスラッシュ感が満載だった。

非常に充実して、濃密なリセが打てた。

勝利を目指し日々努力しているアスリートとして意見を言えば、

こういうリセを打つために私は生きているのだと実感した。

一手もミスが許されない中、限界ギリギリまで張り詰めた思考、絶対に負けられない、

自分の練度、構築、運、リセパゥワァー、全てが試されていた。

今日優勝出来たことを誇りに思う。



そして、2018年GPfinal

年末、君の挑戦を待っている。





以上だ。



PS

3日前の出勤中、家の近くのソープの前に巨大な人糞が落ちており、全く気づかずど真ん中に右足を振り下ろした。

オーダーメイドの靴の周りにべっとり張り付き、踏んだ感じで出来立てホヤホヤの印象を受けた。

朝っぱらからソープの前で排泄するのはやめろ。

3月25日仙台フェスタレポート

  • 2018/03/26(月) 22:42:43

結果から言うと、決勝負けだ。
しかも惨殺だ。
イギリスの子供のおもちゃみたいな名前のやつにやられてしまった。

いつも通り、私が今回使用したデッキと
そこに込めた想い。
そして対戦内容について述べさせていただこう。

■今回使用したデッキ:日月マーリン

・3月21日(水)
ひーろぐというほぼ毎日更新が売りのブログがあるんだが、
そこの主である緋色君が仕事終わりに遊びに来た。

緋色君『日月ってめっちゃ強そうじゃない?』

その一言から全ては始まった
彼からその後放たれるプレゼンは
まぁまぁそこそこ強そうでまぁうん強そうで、
まぁまぁな感じであった。

緋色君『とりあえず明日組んでくるわ』

そうして出来上がったのが、日月フランケンシュタインである。

・3月22日(木)
緋色君『ソル!ガラティーン!クーフーリン!エンド!』

私『ohhhhhhhhhhhhh!!!!!!!!!!wonderful!!!!!!!!はい酒呑』

緋色君『はい猫の喧嘩』

私『ohhhhhhhhhhhhh!!!!!!!!!!wonderful!!!!!!!!』

・3月23日(金)
私『フランケンシュタインならいっそのことマーリンでよくね?』

緋色君『でも初手のデッキ掘る枚数が一枚足りないのはデメリットofデメリットじゃない?』

私『そうか?でもまぁマーリン強そうだし積んで試してみるわ。』

緋色君『俺もうフェスタまでリセできないからあとで使用感教えて。』

・3月24日(土)
仙台牛おいしい

・3月25日(日)
日月マーリン完成!



■込めた想い
前回の仙台フェスタで優勝し、
3月24日の牛タン争奪戦も優勝し、
今回の仙台フェスタも優勝したら、仙台の生ける伝説になれると思ってた。
仙台リセ取り扱い店舗0だけど。

■試合内容

1回戦 宙単 ティボルトさん 勝ち
初手にマーリンを出さずに2ハンドキャラとメタトロンというスタート。
どう考えてもマーリンから出したほうが丸いので皆は絶対やめよう。
バアルトールで返され、トールがアドを稼ぎまくるも、
最後のこちらの詰めが言って上回り勝ち。

2回戦 雪単 ちとせさん 勝ち
翁が出て来ないうちに打点差つけて勝ち。

3回戦 月単 ヘルウインドさん 勝ち
酒呑童子をネコの喧嘩で落とすも
おかわりされて絶対絶命。
もう一度ネコの喧嘩で落とし、ラストは8枚の山札からアンデルセンとコストを引いて
相手のタケノコリオンを叩き落して勝利。
残り山札6枚は全部日コスト。

4回戦 日月 緋色さん 勝ち
じゃんけん勝ったので勝った。
感想戦したけどほんまにそれだけ。

5回戦 月単 ベルナルドさん 負け
めぐるマーリンエンドしたら
ニケ酒呑童子で返され、
ネコの喧嘩で酒呑童子を落とすプランを選択すべきであったのに、
なぜか殴り合いを持ち掛けてしまい、打点が足らず負け。

決勝まで行けたのにも関わらず、勝利できず誠に悔しい思いをした。
次に参加する名古屋GPでは私が優勝する。
見てろよ。

以上だ。

2018年3月10日東京フェスタレポート

  • 2018/03/11(日) 09:26:39

最近ブログのほうはめっきりだな、
大型大会に参加した時だけにレポートを書く状態になっているが、
私がとやかく言うまでもなく、地球のリセレベルが徐々に高まっているのを感じている。
misakieだ。

神姫環境で私が初めて参加するフェスタ。
3月10日の東京フェスタだ。
正直、この神姫環境は途轍もなく面白い。
今までのlyceeのアドバンテージ概念を覆す神姫月単。
日々進化していく既存の単色デッキ。
ガルパンのアシストを利用した多色デッキ。
どんなデッキが台頭してくるかわからない。
lyceeのプロとして、周りの研究に対して自分がその先をいけているのか。
プレイヤーの研究量が試される、そんな環境である。

■デッキ選択について
私の研究していたデッキは神姫月単(以降、GPT)だ。
お互いがGPTについて知り尽くしていることを前提にすると、
GPTは宙単と日単と雪単にやや不利、花単を当たった瞬間勝利、ミラーは有利、MIX月単はやったことない。
このように、これ以上研究するところがないレベルにまで研究し尽くしていた。

ただし、前回の大阪フェスタで宙単日単が猛威を振るっていたことを考えると、
この環境でGPTを使うのは些か軽率ではないか?と悩んでいた。

そんな時、私のヒーローが現れた。

緋色君『MIX月単まじ強いから試したほうがええぞ』

正直、GPTという新しいおもちゃに胸ワクワクさせてた私にとって、
既に遊びつくした普通の月単に全く胸はときめかなかった。
試したほうが良いという助言に対し、
『今から王宮へ招待するからウチで組め。』
と、自分で考える気もない態度を見せ、
緋色君は21時に退社した木曜日に王宮でデッキを組んで帰っていった。

その後、スカイプリセでらじお君を呼び出し、
あらゆるデッキと試してみる。


『は?まじ強くね?』

全然負けなかった。
対面のらじお君は
らじお君『は、はぇぇほぉぇぇ、、ぱ、、パクルゥ』
と、全く知性を感じない呻き声を上げていた。

本環境でGPTなんか使うやつは研究不足。
そう結論付けて私は緋色神を信仰することにした。
公式レシピ(https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=73&festano=42)

■当日
・0:00~3:00
普段は起きてないような時間に研究のラストスパートを行った。
クロネコさんに宙単日単雪単を握らせ、
私がMIX月単と念のためGPTを交互に回していった。

MIX月単、まったく勝てない。

lyceeのデッキには使用期限というものが存在する。
組み始めて、お互いがよくわかってない時は何となく勝てて強い!となるが、
まぁよくよく考えてみるとそうでもねぇなと対応プランが明確になるころには勝てなくなっている現象だ。
MIX月単を使うやつは研究不足。
そう結論付けて、私はついに使うデッキがなくなった。

・9:00
起床。
絶望していた。
頭が真っ白だった。
正直、勝てる気が全くしない。
もう東京フェスタに行かなくてもいいんじゃないかと、そう思えるほどに自信0の状態であった。
そんな時、Twitterを見てみると、『わかめんのへや』というブログで興味深い記事が更新されていた。(http://blog.livedoor.jp/wakamen0928/archives/7904563.html)

孔子曰く、『使うデッキに迷ったら回し慣れてるデッキをえらぶべし』
私の想いは決まった。
GPT、君に決めた!

・11:00
会場付近のセブンイレブンで緋色神に遭遇、

『緋色君の月単全く勝てなくなったよ』
と伝えたところ、

緋色『それはお前の使い方が悪い。俺は昨日10戦10勝よ。』
と、意外な回答が返ってきた。
MIX月単にはまだ私が気づいていない次の『ステージ』が残っているということか?
私はわかめん(GPT)と緋色(MIX月単)、どちらを信じたらいいか悩みに悩んでいた。
私の想いは決まった。
MIX月単、君に決めた!

・11:45
MIX月単をデッキレシピを記入し提出。
感謝の意を伝えに行こうと緋色のもとに行くと、

『は?お前それ花単じゃねーか』

彼は花単のレシピを記入していた、
しかも雪単のレシピを一度書いて塗りつぶして花単だ。
第2候補にも入ってないのか月単は貴様。

緋色『10勝したのは花単よ』

私の心が瓦解した。
いや、まだだ。
まだ私には同じ運命を共にするパクリのらじお君が残っている。
らじお君のもとを訪れ、デッキの使用感を確認しに行った。

らじお君『バトラで1勝4敗でした。日単使います。』

■使用デッキ:月単トリスタン

1回戦 宙単 ゆきねこさん 勝ち
先行取り酒呑童子(左AF)とクーフーリン(センターAF)を出し、
返しはバアル(左AF)トール(センターAF)を登場する。
私のターンにバアル対面にネログラディウス(右DF)。
返し、バアルにムラサメ効果から村雨丸を装備し殴り、
トールのアタック対応で邪竜スカサハ(センターDF)でネロでDP下げて相打ち。

この流れまではちゃんと研究してた。
この瞬間ゲームが終わった。

2回戦 宙単 塩ペプシさん 勝ち
かなりの接戦となり、
最後の最後でお互いに色んな選択肢を考えているうちに、
相手の方が1手間違えてしまい勝利。
中盤から終盤にかけて非常に難しいリセであった。

3回戦 花単 緋色さん 勝ち
絶対当たりたくなかった。
正直ネタばれしてる状況で勝率が低いし花単だし、
しかし、ネタバレしてる状況が功を奏し、
終始邪竜召喚を握っているようなゴミ箱いじり、宣言に対する間の取り方を行うことによって、
一度もハンドを通過していない邪竜召喚でアドを稼ぎ、何とか勝利。

4回戦 宙単 王者さん 勝ち
龍王が鬼のように強く。
終始打点レースで有利に立ち回れて勝利。
酒呑童子発動してると、西住みほの移動があんま気にならなくていいね。

5回戦 花単 風花さん 勝ち
中盤でマシュいる状態で2ドローからキャラ沸けばかなり有利になるところ
カーマと既にいるAFを引いてしまい打点だだ通し、
帰ったら名前を散らそうと思ったころには負けていた。

6回戦 宙単 オキタさん 勝ち
大型ではなく中型を主軸とした宙単。
今回の月単は相手のキャラ数が少ないことを利用して、
冷泉麻子のアドバンテージを存分に生かすコンセプトのため、
正直苦手なデッキタイプとなる。
初手に出したマシュが最後まできっちり仕事をして、
ロビンフットと龍王で相手のDFを切り開き、勝利。

7回戦 雪単 ゆずりなさん 勝ち
先行マシュ酒呑童子。
翁が来なければ勝てる!来なかった!勝利!
このとき思ったけど、先行初手って酒呑童子以外のキャラがいたらそっち出したほうがいいな。

6-1で4位入賞でした。
優勝は霧風はおめでとう。
GPTで勝ったのは素直に関心した。
君の努力のたまものだよ。
私はデッキ選択の時点であきらめていたからな。

そして、緋色君、
本当にありがとう。
今度むらいでカツおごるわ。

今日、これから仕事なのでここまでで

以上だ。